アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カンチャナブリ ゲストハウス地区

2010年 1月30日

次なる目的地のカンチャナブリを目指すため

宿のあるカオサンロードからバスで南バスターミナルへ向かいます。


2009-10a

地図はクリックすると拡大されます

2009-10a

南バスターミナル(コンソンサイターイ)まで551番バス 12B 33円

2009-10a

そこからカンチャナブリへは2等バスで75B 210円

2009-10a

バンコク、南バスターミナルを出たバスは途中で客を拾ったり降ろしたりで

2時間強でカンチャナブリのバスターミナルに到着

2009-10a



バスターミナルからはソンテウで5B~8B ドライバーの気分と人種によって

料金が異なるよく分からん料金設定でゲストハウスなどが集まる地域へ

プライベートの特殊なバイクTAXIなら二人で50B 140円ってとこ



屋台やらツーリスト向けのタイガーテンプルなど1Dayツアーを斡旋する旅行社・食堂

マッサージとお姉ちゃんが相手する飲み屋と必要なものが全て、この通りに集まっている

2009-10a

ファラン(白人)もたくさん訪問する町だけにレンタル・バイク屋も存在する

2009-10a

2009-10a

日本人の旦那さんと現地の奥さんが経営するフレンドバー

品数はそれほど多くはないが日本食も食べられる

2009-10a

経営は奥さんと娘さんに任せ旦那さんは、たいてい隣の雑貨屋で飲んでるので

そう言った訳で滞在中は、何度か一緒に飲んだ

その後、プノンペンの同じ宿で再会した時は笑えた

2009-10a

ゲストハウスやらレストランが集まってるツーリストベルトを直進すると

戦場に架ける橋でお馴染みのクウェイ川の橋にぶち当たる

2009-10a

カンチャナブリでの宿はNOBLENIGHTゲストハウス

通りに面した1階はレストラン・レンタルバイク・各種チケット

NOBLENIGHTゲストハウス

2009-10a

滞在中は日々、あれやこれやと注文を言われる添乗員の身分だが

相方が来てからは宿のランクが確実にアップした

2009-10a

エアコン・ケーブルTV・冷蔵庫・朝食付き 

通常は750B(季節に関係なし)だが娘の知り合いのタイ人の紹介で650B 1820円

2009-10a

宿の奥にプールがあって、その奥がクウェイ川支流、野鳥などが飛来して

街中とは思えない自然の雰囲気が満点の宿だ NOBLENIGHTゲストハウス ← HP


ここの宿もプール付です。 pongphenゲストハウスもお勧めです。 ← HP



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/586-cc4b5f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。