アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カンチャナブリから日帰り、ナコンパトム詣で

2010年 

前回のカンチャナブリ-詣での際に往路、バスの車窓から巨大仏塔が

見えたのが気になりカンチャナブリー滞在の日がな一日、訪ねてみることにした

2009-10a

カンチャナブリーからは鉄道で約1時間、バンコクからも鉄道で1時間位

ということはバンコクとカンチャナブリーとの中間地点ぐらいでしょうか

2009-10a

例によってタイの鉄道は日本の鉄道と違って運行は日に数本

それほど多くなく思いつきの旅ではバスに頼る方が計画的に

ものが運ぶためバスで急遽行ってみることにした

2009-10a

ナコ-ン・パトムのプラ・パトム・チェディという世界一高い仏塔

高さ120・5mの堂々たる大建築ですね

運悪く改装工事中でした。塔には足場が組まれタイルが剥がされている

2009-10a

ナコ-ン・パトムの歴史は古く紀元前3世紀にインドの王の命により

インドシナ半島で最初の仏塔が此の地に建立されたと伝えられています。

「最初の都」と言われる由縁です。

2009-10a

さすがにタイ仏教伝来の聖地。平日の昼間でも多くの人が参拝に訪れています。

2009-10a

大きな黄金のお釈迦様が安置されていて、平日の午後であろうが大勢の人が祈っていました

2009-10a

7世紀頃にはモン族の一派が興り王都として栄えた都だったそうです。

2009-10a

お寺を見終わっての印象は金ぴか・・・

申し訳ないがその程度の感想くらいでした

2009-10a

なかなか来ないバスに乗り込み再び、カンチャナブリーへ到着したのは

渋滞につかまった事もあって、すっかり日が暮れてカンチャナブリーのゲストハウス街の

レストランの夜の営業の部も始まりかけた時間でした。私たちもお腹が空いた頃合です

2009-10a

こんな地方都市でも白人相手のバービアが存在します

お互いに怪しいレベルの英語力で知識を広げるには最適ですが

今回は、ひとり身ではないので相方の監視が厳しく撮影だけで

後ろ髪をひかれる思いで立ち去りました

2009-10a

仕方なしに駅前近くのナイトバザールやらを見学し

娘と落ち合う約束時間まで夜店を冷やかすことに

2009-10a


その日の夜は娘の彼氏も交えタイスキで盛り上がり

カンチャナブリでの全ての工程を終えた

無計画に、思うがままに行動に移るあても無い1日

こんな旅が大好きです。


そろそろカンチャンブリを離れ次なる地、アユタヤへ遺跡巡りと繰り出します

昨日、ジモピーからアユタヤまでバス路線のショートカットを教えて貰ったので試してみる
 



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/587-8ffaf091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。