FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2019.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ラオス チャンパサック完結

2010年 3月8日

チャンパサックを後にするにつけ、まとめてみると

この国は、東南アジア、インドシナ半島中央部に位置し、北西はミャンマーと中国

東はベトナム、南はカンボジア、西はタイと国境を接する内陸国であり


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます


タイとの国境はメコン川、ベトナムとの国境はアンナン山脈

全般に高温多湿で南部は熱帯、北部は亜熱帯気候

モンスーンの影響を受け明確な雨季と乾季があり

5~9月が雨季で10~4月が乾季である


2009-10a

英語の通じないラオスで移動中に会った日本人が総じてくちにするのは

ラオス滞在中は、ありがとう=コープチャイ

こんにちは=サバーイディーのふたつの単語でやり過ごしたとよく聞いたもんだ

2009-10a

現在でも、主立って自給自足の国である

2009-10a

チャンパーサック県

ラオス・タイ・カンボジアが接する地帯に位置する、県内にはメコン河も流れる。

ここでの観光、もしくは過ごし方は

2009-10a

Wat Phou ワットプー 遺跡の見学

11世紀にクメ-ルの王 Suryavarmann 2世が建てたラオスでもっとも重要な寺院の遺跡

アンコールワットの原形ともいわれ、歴史的にはアンコールワットより古い

2009-10a

それにも飽きたら川沿いのレストランは全て奥にテーブルを設け

メコン川を見ながら食事ができるといったスタイルをとっているので

昼からビールでもちびちびと飲りながら

2009-10a

ただひたすら飽きることなく

対岸のタイを眺めるか川漁師を見て過ごすくらいだ

ただし夜はメコン川の対岸は真っ暗で夜景は楽しめないがね

2009-10a

村を貫く道路沿いの寺院には子供相手の博打屋が出没し

わずかな小遣い銭を持って集まってくる子供相手に繁盛していた

ルールはいたって単純で掛けた動物の絵柄と胴元が配るカードの動物の

絵柄が同じならお金が手元に入ると言うわけだ

2009-10a

なんだか自分の幼少の時代を思い返してくれた不思議な数日間だった

また来るね ラオス・チャンパサック

2009-10a



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/589-6bef198e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY