FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ラオス南部 世界遺産 ワット・プーの町 2

2010年 3月6日

ラオス南部にひっそりと存在するワット・プーが世界遺産登録されたために

少しは世に知れたメコン川沿いにある小さな街、チャンパサック


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます



それでも、まだまだ交通の便が悪い土地のため観光客の姿はまばら

ひっそりとした、なんとも寂しい世界遺産であった


2009-10a

そんな、ひっそりとした街に、たったひとりで1週間近く滞在したのは

逆に何も無いのが良かったのもあるが宿代が安く1泊・2万K 240円だったのと

よそ者だからと気を使うことも無く居心地がなんとなく良かったから

2_20100313104513.jpg

街にはお寺も数箇所あり地元の子供が出家してるようで

昼間など実家の親元へ戻ってる姿が微笑ましかった

3_20100313104512.jpg

何もすることがなく、ボ~っとしていると宿の叔父さんから教えられ

ワット・プーの近くに、もうひとつ遺跡が有るとのことで出かけてみた

ワット・ナーン・シーラー

無料のことだけはある、かなり崩壊していた

4_20100313104512.jpg

いずれここも修復するらしく土台はワット・プーよりしっかりと残っているので

ワット・プーよりかは修復が簡易らしいが、もっぱら世界遺産の方が優先ってわけやね

5_20100313104511.jpg

外食のしないラオス人、私たち外国人はレストランで高価な食事となる訳ですが

昼間は、雑貨屋兼、地元食堂でこんなのをよく食べてましたカオソイ(スープ・ヌードル)

ハーブ類と一緒に食すので胃腸の具合は良かったようです

1杯 1万K 120円 もし外人相手のレストランで同じのを注文すれば1・5万K 180円

付け合せのハーブ類は観光レストランでは付かない場合も有ります

2009-10a

船着場へ降りていく道の分岐にある雑貨屋・食料品店

日本で言えば、なんでも屋かな 宿に持ち帰りで食べるなら

この店が唯一、コストパフォーマンスにそぐう店ではなかろうか

6_20100313104511.jpg

最初の頃は宿のレストランでメコン川を肴にビア・ラオを飲んでいたが

滞在半ば辺りから港方向の地元のバーベQ屋で1本1000K 12円の

串焼きを肴に夕食も兼ね通い始めた

2009-10a

ナマズの淡白な白身にはまり最後はナマズの塩焼きでしめた

2009-10a

後半からは毎晩のように近くの住民がやって来ての宴会と言うか夕食に参加させられ

このようなことが有ったので、何もないような土地で長居してしまった。

毎晩、ご馳走になり有難う御座いました。




ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます





関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/590-0929fc12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY