FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ラオチャイ村からタバーン村へプチトレッキング

2008年 11月14日

霧雨のうえ霧も濃く気温も低く天候を見計らって

宿のあるサパから、ラオチャイ村(LaoChai) 

タヴァン村(TaVan)へハイキングがてら出かけた

2009-10a

サパからラオチャイ村までは約5キロ、途中に通行料、15000ドンを

徴収するポイントを抜け、取りあえずは往路は下り道だ

村までの道は車が通る舗装道路なので全く問題なかったが

時おりクラクションをけたたましく鳴らし通り過ぎていく車が気になる存在くらいだ

2009-10a

右側に美しい山と棚田の風景が果てしなく続いており、民家が見えてきたら

そこがラオチャイ村 このラオチャイ村は黒モン族の村で棚田や村の様子は

中国南部の農村と基本的に変わりはないように思える

2009-10a

ラオチャイ村からタバーン村へのアクセスはすぐ隣にあって

ラオチャイ村を抜ければ自然にタバーン村に辿り着くラオチャイ村から

タバーン村までは3キロの道のりだ途中にホームスティと書かれた民家もあった

2009-10a

タバーン村から橋を越えて元の舗装道路に戻り、徒歩でサパを目指した

舗装道路は村より少し高いところにあるので、眼下に広がる棚田の景色が見られる。

中でも、タバーン村からラオチャイ村までの3キロの区間は特に景色が美しいのでおすすめだ

2009-10a

サパの街からタバーン村へ目指し歩くこと1時間30分くらい、道中は舗装されており

しかも高台に道路が敷かれてるので、そこからの景色は素晴らしい

いつもならレンタバイクで往復する距離なんだが歩くスピードで目に入る

景観は、また違ったものがあるね、それにCO2はゼロだ

2009-10a

タバーン村からラオチャイ村までの3キロの区間で出会った村人

2009-10a

異邦人が珍しいのか、ひとりで歩いてるので不思議に思ったのか集まり出す子供

2009-10a



2009-10a

サパの町でレンタルバイクを借りるなら一日6ドルって言ってたが白人は5ドルで借りていた

2009-10a

みやげ物売りに精を出す黒モン族、赤ザオ族を横目に、田植えに精を出している

黒モン族の姿も見れサパへ訪れた際にお約束になりそうなハイキングコースだ

また来るね


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/595-df8a2287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY