アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国 南寧 から江門へバス移動

2010年 4月19日

南寧汽車総駅を10:30に出発したバスは直ぐに高速道に乗っかり

次なる目的地の江門を目指す ここ数年で中国の高速網の発達は目まぐるしく

結果、車窓は単調になったが、目的地までの所要時間が短縮されガイドブックを

鵜呑みに旅している身には予想外の短縮時間で到着するので私としては


2009-10a


地図はクリックすると拡大されます


途中下車の場合などは目的地で降りるのを忘れかけるくらいだ、策としては最近では

途中休憩の際にドライバー等に筆談で到着時刻を聞くのは当然のことにしている。

到着時刻を聞くのも大事だがスピードを売りにしている最近のバスは途中の休憩時間も

短縮しているので、何分停車するのか・・・ これも必ず筆談で聞くようにしている

2009-10a

南寧から乗った江門行きのバスは私の目的地の開平汽車駅まで行くと思えば

ドライバーに尋ねると怪訝そうな顔をされ寄らずに江門まで行くと放つ

2009-10a

慌ててドライバーに目的地のパンフレット(画像)を見せると以外に親切に

任せとけってな塩梅だったが結果、もの凄く辺鄙な場所で降ろされる羽目に

(前の画像は降ろされた開平郊外、高速道の沙湖出口 17:45)

2009-10a

ドライバーは立ち去る際に中国語で何やら目的地までのアドバイスを言ってたものの

広東語なんであまりよく理解できないが、どうやらここから違うバスに乗り換えて

目的地へ目指せと言ったように思いバス停留所も無い道で前を通り抜けるバスを待つ

2009-10a

フロントガラスには一応目的地のサインボードが置かれているが

バスのスピードはもちろん小さな文字なので判別できず

罵声を浴びせられるのを覚悟であたり構わずミニバスを停車させドライバーに

筆談で聞きは怒鳴られを繰り返し開平市内へ参るバスを探す羽目に

2009-10a

1時間ほどミニバスに揺られ目的のバスターミナルに無事着いたが

辺りは、商店など見当たらず予想していた町の風景と一変し辺鄙な場所

後で判明したが、開平バスターミナルは2ヶ所存在するようで

もう一ヶ所は商店などもたくさん有り普通の庶民の町並みだった

2009-10a

取り合えず宿探しのため自分の感を頼りに宿が存在しそうな庶民的な通りを探し

歩くこと10分くらいだろうか、どうにかこうにか商店らしきものが見え始める

2009-10a

途中数軒、労働者向けのコストパホーマンスな宿も見かけたが今日はいつになく

気持ちが滅入っていたので、しっかりした作りの良元旅社へ投宿することに

2009-10a

単人房 AC ホットシャワー トイレ TV 48元 670円

広東人のスタッフは、フレンドリーで疲れが癒されたほどだ


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/598-71feda76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。