FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


11<<  2019.12 >>01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


中国 珠海からスワトー 老街へ

2010年 4月26日

シンガポールから始まった今回の陸路移動は最終目的地の

上海を目指すにあたり、移動中の合間に人様のブログ等で見た

スワトーという街に興味がそそられ次なるターゲットと成りました。

2009-10a

マカオで4日ほど滞在し、お気にの飲茶を堪能して、その足でAM10:30再び越境し

珠海へ戻ります この時間帯はイミグレも空いてるのかスムーズに抜けれた

2009-10a

画像は珠海で1泊したのちにスワトーへ向かうため利用した洪北バスターミナル

中国のバスはチケットにシート番号が書かれてるのに自由席になったり

理解できない行動を人民の皆さんが取るので、なるべく早く改札を抜けるようしてます

2009-10a

AM 8:30→8:45分出発

スワトー行きのバスは珠海の他の汽車站へ寄ったりと暫くは下の道を走り

その後、高速道路へ乗っかり13:30分に昼食休憩(30分)

洪北のバスターミナルでは6時間で着くと教えられていたが8時間ほど掛かって

4:30にスワトー着 やはり早い出発時間のバスを選択して正解だった。

2009-10a

次もバス移動に伴い、到着した同じバスターミナル(総站)を利用するので

スワトーのバスターミナル周辺に宿を取ろうかと道中に考えていたが

到着後、周りを眺めても面白みが無さそうなんで、さてどうしたものかな

2009-10a

ここへ来た目的は人様のブログで見た老街(古い建物が残る街並み)に興味をそそがれ

訪ねたので、最初は移動に備えバスターミナル周辺に宿をとって老街へはバスかTAXIで

移動しても良いかと考えていたがターミナル周辺は殺風景なんで老街へ移動することに

2009-10a

駅前にはバイクタクシーやらが大勢待機し声を掛けて来る

そのうちの1台に乗り老街へ目指し筆談で住宿と書いて適当に廻ってもらう

2009-10a

バイタクのドライバーは10元だと言ってくるが地図も何も持っていないので

距離感がつかめず、こっちとしては言いなりで乗車するはめに

画像の交差点近くの宿を勧められ、取りあえず部屋の料金を聞きに降りる

2009-10a

バスターミナルから、老街の豪氒旅館までバイタクで15分程度・・

10元はボリすぎと思い6元支払って降りたが、何も言ってこないので

正当な料金は、こんなものなんだろうな

2009-10a

部屋はがらんとしていて、間取りは非常に広い

中国の宿はたいていTVが備えられてるので退屈しのぎにはありがたい

2009-10a

こんなに広い部屋なのにトイレ・シャワーは付いていない

御代は1泊 50元 700円 


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/601-f1a90302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY