FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


中国 広東省 汕頭 スワトー 老街 2

2010年 4月28日

広東省 汕頭(スワトウ)


2009-10a


1泊だけして立ち去るつもりが、スワトーの老街はなかなか路地裏・裏町探検隊にとって

興味深い街だということが解り、二泊することになった。汕頭 (スワトー)の第二編である

2009-10a

百貨大楼 1932年、華僑からの出資により建設

広東東部最大の商業施設として「銷金窟」呼ばれた

2009-10a

1956年に国営百貨公司と合併し百貨大楼に改称され

80年代以降、汕頭東部の開発により西部旧市街の人口が

東へ流れると経営が悪化し、2007年3月、その幕を閉じた

2009-10a

滞在二日目は公萬(国営)アパートなど建物の路地を重点的に歩いた

地図など持ってないし、いや例え持っていても複雑に張り巡らされた路地では

直ぐに方向感覚を失い、思うがままにさ迷い歩くことになるだろう

2009-10a

中国に限らず生活臭が漂う路地裏はいいすね

2009-10a

いつも路地裏を歩き慣れてるつもりだが最初は住民の好奇な目で見られ

多少なり戸惑うが、直ぐに慣れてくる 慣れてくるといろいろとごく自然に

見えて来る物が違ってくる、なんちゃってカメラマンの醍醐味だ

2009-10a

このような土地なら、ほんとうはモノトーンで表現する方が似合うんだろうね

2009-10a

デジカメに変ってからすっかりモノクロフィルムを使わなくなったこの頃

デジカメでもモノクロの設定はあるものの昔人間のオレにはフィルムとの

色調・階調の違いを知ってるだけに使う気になれないのも本音だ

2009-10a

撮影を深追いすると時にはシカトされるのも日常の路地裏探検だ

2009-10a

今回、汕頭 (スワトー)滞在中は連日、曇っていて

路地裏撮影には最適な日和になった 曇りというかどちらかと言うと

スモッグ、ひょっとして黄砂かも知れない 

2009-10a

老街での宿は前項で紹介した私が泊まった宿以外は、かなりオンボロな

商人宿・木賃宿(40元)が数軒、あるのみだ 宿のランクにこだわる旅人は

2009-10a

バスステーションの汕頭 (スワトー)総站の周辺に確認できた

そこからタクシーで15分ほど走れば、この老街だ 

2009-10a

でも私的には、この老街で宿を取り、夜の帳がおりるころ再び町へ繰り出し

頼りないアセチレンランプが街じゅうを橙色に染めるなか今宵の飯屋探し

路地から、時おり手招きする怪奇な娼婦w 裏寂れた老街を満喫できますよ

2009-10a

こんな街でも嫌がうえ時代の波が押し寄せており風情のある古い建物、文化は

しだいに消え去って来てます あと何年、この状態のままでいられるんだろうか

まあ私がこの世に生があるうちは大丈夫なんだろうね


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/604-61f36c5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY