アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国 紹興 古鎮 臭い豆腐

2010年 5月1日

最近の移動と紹興市の位置関係

宿の前のバス停から紹興でのハイライトでもある古鎮・魯迅記念館界隈へ行ってみる

2009-10a

紹興市は浙江省にあり、面積の10%を運河やクリークが占め、東洋のベニスとも呼ばれている

2009-10a

確かに蘇州などと並び、小さな運河が張り巡らされている

生活用ではなく全て観光船だ

2009-10a

ひっきりなしに観光用の小船の姿を見るが

どこかテーマパークのようで、なんとなく昔の風情に欠けるな~

2009-10a

生活廃水が流されてるので水質は最悪、時おり風向きによって臭ってくる

ここでの名物の臭い豆腐とのコラボで悪臭が漂う

2009-10a

折からの中国のゴールデンウィークに引っかかり

人・人・人 ・・・ 訪問する時期を間違えたね

2009-10a

昨年辺りから魯迅関連の施設界隈は、パスポートを見せるとタダで周遊券を

発行してくれるようになったものの、そのお陰で交付してもらう為のちょうだの列

こら並ぶ気はせんわ、おまけに中国人のDNAで横は入り放題

2009-10a

目ざとくロハで仕入れて来たチケットを50元~100元で売りつける

クソ人民が横行してました。 やんぺやんぺ機会が有ればまた来るわ

2009-10a

せっかく紹興へ来たんだからビールではなく紹興酒でも頂こうかな

まず1軒目に入った飯屋で青菜炒めと紹興酒を注文

2009-10a

屋台で買い食いしながらまた一杯

2009-10a

紹興でお勧めする料理は"臭豆腐"くさい豆腐です

街中、臭ってます 苦手な人は結構、辛いかも

2009-10a

紹興酒は中国の八大銘酒の一つに数えられるが、ここのは別物だ

今まで飲んでいた紹興酒は何だったの、という感じだ、美味いのひと言

2009-10a

砂糖ではなく熟成によって生じる甘みと旨み、あまりの美酒なんで

土産に日本へ送ろうと思い送料を尋ねるが残念ながら酒代を越えてしまう

何杯目か忘れた頃、屋台モドキの店で、最後にと臭い豆腐と紹興酒


ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/607-82c8fcd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。