FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


安宿疎開 蘇州郊外 周荘古鎮

2010年 5月4日

安宿疎開 蘇州郊外 周荘古鎮

蘇州市内の外国人を安宿に宿泊させない拒否からのがれ30キロほど

郊外の同里と呼ばれる町へ疎開しています。

本来は蘇州市内に宿泊し日帰りで訪問しようと考えていただけに

細かいことを抜きにすると、どうってない宿疎開なんですがね

2009-10a

蘇州市内の安宿に滞在し日帰りで水郷古鎮を見てやろうと思っていただけに

最初の計画では前回の記事の同里のみ見学して上海へ向かうつもりでしたが

せっかく江南の水郷の町で泊まってるのだから、もう一ヶ所の水郷の街である

周荘へ足を延ばそうと本日の上海行きバスチケットを3元出して明日に変更してもらいました

2009-10a

世界文化遺産に登録されている水郷の街“同里”と並び周荘がある

蘇州一帯は太古の時代は海。今も無数の湖沼と河川に囲まれています

蘇州の南約30kmに同里( トンリー ) はある、江南の水郷の町

1000年以上の歴史のある街という

2009-10a

蘇州駅近くにある北バスターミナルは折から5月1日の労働節から始まる連休を前に

バスの乗車券を買い求める人であふれていたが、幸いにも周庄・同里行きは

専用のカウンターがあるので、それほど並ばずにバスチケットを手に出来ますよ

2009-10a

時間のない人は蘇州市からタクシーで高速を走って30分弱で同里に参れますよ

代金は85元。1300円ぐらいとの話し中国にしては高いかな?

けど時間をお金で買っう必要がある方には是非、ここまで足を延ばされたらどうかな

2009-10a

ここ周荘も水郷古鎮へ入るのにチケットは必要で、古鎮入場のほか

観光スポット数箇所がセットのものが80元 そんななか50元!と言いながら

チケット片手に近寄るおっさんもいてる

2009-10a


2009-10a

私は前回の同里と同様に路地撮影をしつつ、何ヶ所か入り口を見つけ明らかに

見張り番だと分かる地元のおっさんがいたが、試しにそのまま通ってみて

入口を通過するが、おっさんは何も言わず無事に周荘古鎮に入ってしまった

2009-10a

周荘には元、明、清代に架けられた14の橋や明清古建築の宅院が100以上保存されている

古鎮内には水路が張り巡らされており中国第一水郷とも称されているようだ

2009-10a

ここ周荘までは同里のバスターミナルから向かったが

江峰と筆談でやり取りし、着いたら教えてくれと前もって車掌に伝えておこう

2009-10a

個人的には前回の記事の同里水郷古鎮より周荘の方が気に入った

一日で同里・周荘と二箇所の水郷古鎮をまわろうと欲張ったことはせず

時間が無いのなら周荘の水郷古鎮を薦める

2009-10a

明日は、いよいよ旅の終着駅でもある上海へ向け移動する



ここをクリックすると、2009年 ~2010年 マレー・インドシナ海外遠征旅を

最初から目次付きで移動行程が解り易く見れます (1)



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/612-b6af7251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY