アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国 珠海 再び

2009年 4月2日

ここ珠海もマカオ同様に今回の旅の始めに訪れた町であるが、前回はマカオから

拱北口岸税関を通り地下のゴンベイショッピングアーケードで日本円を中国元に

両替して直ぐに滞在もせず、同じ地下にあるバスターミナルから広州へ向け

移動したので町の様子は一切、解らずじまいであった


その後、旅先で出会った珠海フリークの方からはスルーしたことについて

なんて勿体ないことをしたのってお叱りの言葉を頂いた塩梅だw

2009-10a

マカオの木賃宿をチェックアウトし中国との国境がある關閘へ向かったわけだが

關閘(中国側は拱北)午前9:00頃のイミグレは大混雑で40分は並らばされた

バックパッカーの方は宿代の高いマカオを避けて宿代の安い珠海に滞在し日帰りで

マカオへ詣でると耳にしたが、こないに並ばされるのならちょっと考えさせられるな~ 

2009-10a

拱北口岸を背に正面の大通りより一本右手にある『蓮華路』

この路を北上すると『歩行街』と呼ばれるエリアに入り昼も夜も賑やかな場所だ

宿探しにこの蓮華路を歩いていると20歳前後の女性に何度か呼び止められ

なにやら話しかけて来るのだが言葉が解らず戸惑ってると女性の名前と携帯番号を

書かれた紙を手渡される・・・ なかなか面白そうな街ではないか~

2009-10a

それ以外は、バイクタクシーの親父やら、簡単な移動手段では自転車の荷台に座らせ

客を運ぶ超貧乏臭さそうな自転車タクシーやらも小指を立てて声を掛けてくるw

これはなかなか面白そうな街だと再び心が騒ぐ

2009-10a

賑やかな蓮華路は日本でも通用しそうな洒落た店やらマクドナルドまであり

そこから一歩横道へそれると化け物ネズミが走るローカルな路地街が伸びている

小販と呼ばれる食べ物を売る移動式屋台やら安食堂まであり生活には事欠かさない

時おり薄暗い床屋からは年増園のスタッフが手招きする怪しいエリアもある

2009-10a

そんななか拱北口岸(イミグレ)を出て20~30分は歩いたと思う

安く泊まれそうな宿が数軒ある小汚いエリアに吸い込まれる

旅を続けていると嗅覚と言うかこのような安宿へ足が自然と向いていくのが不思議だ

2009-10a

今回もお約束どおり安かろう悪かろうの宿が見つかった、その名も市政酒店

2階から上は改装工事中で白い煙が立ち込めていて、ひょっとしてこれって

一時期、世間を騒がせたアスベストって呼ばれる物体では・・ドキドキ


ひとつ言えるのは身体に非常に悪い宿である事は確かである

普通の人は泊まらんやろうと言える要素を持ち備えたオプションでいっぱいだw

ちなみに58元 800円ほどです 我慢しましょう

2009-10a

宿の近くには夕方から野趣豊富で身体に悪そうな食材を売りにした寂しげな

屋台がぽっんと鬼太郎の知り合いのように開店し、モチベーションを下げると言うか

心を暗くし、嫌が無しでもひとり旅の旅情をかもし出してくれる。屋台後方の

潰れかけの公団と相まって日本へ帰りたい気持ちをいっぱいにしてくれたとさ



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/617-aed7a469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。