FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2020.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


福建省の旅 中川古村落 続き

2009年 4月7日

中川古村落の続きであるが、ここまでの足であるバイクタクシーは

下洋に到着、間もない右も左も解っていない私に町から60元で往復と話を持ちかけ

その後、30元で往復すると言ってきた新手のバイタクが現れ、二人のバトルが始まる

最近、テンションの低いオレ・・・ いつの時代も熱くなれる漢民族の男に拍手をおくった

2009-10a

そんな訳で二人のバトルは泣きべそバイタク親父の勝利に終わり

ノーヘルにニケツで村まで参ると中国・風景区のお約束でもある料金所がひっそりと現れ

やる気のなさそうな村のおっさんが30元とヤニだらけの歯を見せニタリと笑った

2009-10a

訪れる人が少ないのか村の人々はまだ観光客ズレしていなく実にフレンドリーで

私にお茶をすすめたり飯は食ったかとアジア特有の挨拶で接してくれた

2009-10a

一番長く筆談で話し合った爺さん・・ いゃ~ 懐かしいな~

お茶を何杯もすすめられたな~ お茶の渋で茶色く変色した茶碗だった覚えが

別れ際に右手の掌を出して来たな~ 冗談ですw

79_20100819231544.jpg

ここでもあう人のほとんどが老人で若い人たちは昔と違って

交通の便が良くなったせいもありアモイなどの都会へ出ていったようだ

2009-10a

この村は、半自給自足なんだよね

家先では鶏を放し裏にはでは野菜を植えてる民家が大多数だ

2009-10a

村を横切る小さな川

けっして清流ではないんだが川辺の椅子に座り行き交う村の人と

目で挨拶しながらボ~っと ひとり旅での至福のひと時だ

2009-10a

観光客相手ではなさそうな昔ながらの店と時どき出くわす

きまって店の人は寝てるか椀にもられた飯を食ってるかだ

いったい何人の人が1日、客として訪れるんだろう

2009-10a

小販でお菓子を買うが賞味期限ってな小さなことを言っていたら笑われます

なんせここは食品関連では寛大な中国なんですもの

2009-10a

どこへ歩いてもご老人の姿が目に入る

なにやら話しかけてくれるのだが・・・ ゴメン

胸をはって日本人ですと言うのにも抵抗があるんだな~

毛主席万歳って言うのも変だしね

2009-10a

いやいや 村自体は、こじんまりそれ程、大きくはないのだが

なんて言うか、3丁目の夕日の年代に生を授かった者にとっては

時間を忘れさせてくれた村であった また来るね



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/624-2de606de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY