アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


台湾領 金門島-4

2009年 4月11日

この季節、昼間はそこそこ暖かいが夕方から急に冷え込み夜はジャンパーが必要だ

町なかには両替商など見当たらないのでATMで出金しようとPLUSマークのATMを探し

手順どおりに操作するが出金出来なく不安になるなか、ATM外側には

PLUSマークが書かれておらずATMの機械操作の画面に書かれてるのを見つけ

なんとか生活費を捻出できた。今日はツアーバスで金門巡りと繰り出すことにした。

2009-10a

市外の有名どころを巡るバスツアーはABCDと四つのコースが有り

料金は160元で、希望で二つのコースを巡ることが可能だ

すなわち二日あれば全コースを周れる

2009-10a

AM8:30~12:00 Aコース

PM13:10~17:00 Bコース

Aコースの始まりはバスの出発点でもある金城のバスターミナルから地下へ降りると

延々と続くトンネルが張り巡らせていてそこを歩いた。幅は1mくらいで途中に

分岐や部屋があったりと金門島で激戦が繰り広げられた歴史に触れた想いだった

2009-10a

水頭村の洋風建築群

世界で活躍する華僑が建てたものだ

2009-10a

延平郡王祠 鄭成功をまつっている 建物内には、鄭成功の像がある

2009-10a

この建築は、幢合院建築といって福建省の伝統建築らしい

沖縄でも時たまよく似た家屋が見られる

2009-10a

実際に人が住んでいる住宅地なんだろうが、昼下がりで外に出ている人は

見かけないと言うか観光バスで訪れる人々を、その時間だけ避けてるのか

生活感が感じられず保存地区のようなたたずまいだった。

2009-10a

そんななか唯一、路地ですれ違った農夫だろうか

笑顔の安売りもなく、そっけなくすれ違った

2009-10a

古くからある集落には、明朝、清朝時代を思わせる純朴な村風景が広がる

2009-10a

探索の途中、金門の歴史を見据えて来たような爺さまがたたずんでおられました。

2009-10a

戦争時の激しい砲撃戦の歴史、島内に残る軍事施設、軍用車、地雷が埋まる場所

避難豪などを除くと、ゆったりとした時が流れる金門 再訪したい街のひとつになった

2009-10a

台北から参加された夫婦と仲良くなり共に行程をこなした

奥さんの方が途中に色々と食べ物を買ってくれたりと気を使って頂き

北京語→英語へ翻訳してくれたりと親日家の夫婦のお陰で良い思いでとなった。



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/633-e6ca5f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。