FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


マニラ 安宿
管理人の渡り鳥の季節がやって来ました。今回は以前に勤めていた会社で暫くの間ですが
軍資金を調達のため汗を流していました。少しばかり懐が暖かいです。

前半は娘が働いているタイ・カンチャナブリのタイガーテンプルへ
中盤は、日頃、パートで精を出し頑張っている相方とタイ南部へランタ島~ピピ島~プーケット
後半はフィリピンの知人の御宅へお手伝い、応援しに参ります。

暫く、安宿の画像でも差し入れておきます。今回もipad&iphone なので更新は控えますが
時間を見てnetcafeで更新できればと考えてる次第です。
それでは、皆さん良いお年を、来年も今年に負けない良い年でありますようにw


宿

サントス・ペンション メトロマニラ、マビニストリートにある安宿

かなり昔からここで営業しているようだ

毎年、少しずつ値上げされてきて ファン510 AC734ペソ 1ペソ1.8円

宿

私自身とこの宿とは20年近くの付き合いになる

当時は今以上に極貧ツーリストを自称していたので

なんら文句もなく、マニラヘ詣でるたびに通った宿でもある

その後、同程度の安宿を数ヶ所、渡り歩いたがここ10年位は1人で旅している時は

決まって空港からは、ここに足が向いている。 なんたって利便性が良い

宿

前の道路からはキアポやデビソリアなどお気にの下町にも

ジプニーで7~8ペソ 15円程度で行けちゃうのだからご機嫌だ

帰りは筋を1本海側のデルピラール(通称LA通りw)で降りちゃえば良いわけだ

宿

このような宿だが極貧のご老体の欧米人(主に米国人)には人気のようで

赤ら顔の元戦士たちの姿もチラホラ見かける

宿

時期によっては、夜遅くに到着すると、空きが無いほどの盛況ぶりも伺えるほどだ

よく相方から、もう歳なんやからそろそろ安宿も卒業すればと言われるが

私にとって安宿は、料金が安いだけの宿ではない

なにか、そこに秘められている人間模様と言うか生活感を感じ私の頭の中では

綺麗なフロアが備わってはいるが、どこか温かみの感じないホテルと一線が引かれているようだ

たぶん、この先の人生でも変化する事はないと思う

宿

最近では相方さんのご好意で、そこそこの宿にも泊まらせて頂いているが

心底リラックスしているかと聞かれると・・・ 疑問でもある


関連記事が見れます。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/638-6464baa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY