アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シキホール島 安宿

2010年 9月20日 に訪問した時の過去記事

前半の越冬生活はバンコク~南部ランタ島・プーケットと飛来し
その後は路線バスでチュンポーンにて乗り換えホアヒン~バンコク

一次、タイのビザ延長のためLCC(エアーアジア)で深セン~香港~マカオと
飛来をし再びタイに戻った訳だが、その模様をブログではほとんど紹介していない
まかりなりにもブログ観覧者様が予想を遥かに上回る人数になって来ているのに
ほっておいては "どうなってんだっと" お叱りを受けるのも当然だ
帰国後、自宅パソコンから報告したいと思う


さて越冬生活の〆はやはりフィリピンだと思いなおし
LCC(セブパシフィック)でマニラヘ向かうことにする。

次なる飛来地は数年前からシキホール島で島民の暮らし向上に努めておられる
TOM氏に元気を貰いに行くのが越冬生活後半の目的でもある。


今回も、お世話に成ります シキホールのバイブル的な知人のサイトです。


マニラ到着が日付変更線に近いためと翌朝のドゥマゲッティ行きの便が早朝の為なのも含め
到着後は、マニラ・ターミナル3で夜明かしの予定である、いわる空港泊ですね

フィリピンビギナーさんから知恵袋やら旅スケへの質問欄に投稿を見かけるので
この機会に空港泊の模様もデジカメに収めておこうと考えている


2010year

今回の画像は全て2010年9月に知人グループのプチ添乗員の為にマカオで
待ち合わせだったのですが、大阪~マカオへの直行便が5万円前後と高値だったので

添乗員は暇を武器にひと足お先に、LCC(セブパシフィック)にて14000円で
大阪~マニラ往復をゲットしてマニラからはマカオ便は値が崩れないので広州へ

往復1万円で飛び香港経由でマカオへ入り、その後に友人グループと合流となったわけなんだが
その際に寄り道をしてシキホール島へ詣でた時の画像である。

(ドゥマゲッテイ海岸通の物売り)

2010year

島へ渡る前に立ち寄る学園都市 ドゥマゲッティ 宿もマニラと比べ断然安いし
夜間であろうとウォーキングがてら街中を探索がてら、ぶらぶらしてても不安は有りません

イミグレーションも有るので21日間以上、フィリピンに滞在する場合であろうが
スムーズにエクステンション出来ちゃいます。

ただ以前と違ってパスポートを照合のためセブ送りになるので即日とは行きませんが
それも2日程度なんで、その間はドゥマゲッティを楽しみましょう

クリーン&学園都市ですが、くちの悪い人は援交の街と言われる方が居るのは確かです。
ほら 片隅で貴方に興味を持たれた視線が・・・

(ドゥマゲッティ市内)

2010year

ドゥマゲッティからシキホールに渡るにはボート・フェリー なんだが
現在も数社が運行しているようで最速は45分
老体のフェリーで1時間30分前後で島に到着するわけだが

もっぱら利用してるのはデルタと呼ばれる島まで1時間掛からないボートが多い
何度か書いてるが到着後、港に待機しているトライシクルはボッて来るので
港から伸びる道を直線するとランドマーク的な教会が見えて来るので

そのまま右方面にカーブを描き進むとパレンケ(市場)があるので
その辺りでパブリックな感覚で係員が呼び込みをしているトライに乗ると
ラレナ地区もしくはサヌアン地区へ参れます(到着時間が午後遅いと待たされるかも?)

(シキホール島)

2010year

DAS TRAUM Guest House

外観を見て、ここがGuest Houseだと思う人は、まず皆無だろう
それもそのはず、ドイツ人の旦那と嫁のフィリピン人が建てた住居だからだ

こすっからいフィリピン人の事だけに、こんな敷地を小家族で住んでいれば
貧乏な親戚、縁者が頼って来るのはフィリピン人の常 ようするにDNAだw

それを思ってかどうかは定かではないがコンテンポラリーなGuest Houseに
しちゃったのではと私の単なる想像ですのでつっこまないように願いますw

2010year

画像は1階のくつろぎルームです。

ドラマに出てくるようなリビングでしょ

部屋代はトイレ・シャワー 共同のファンルームで250ペソ 500円

CVTV・トイレ・シャワー 付のファンルームで350ペソ 700円

上記にACが完備されると700ペソ 1400円

マンスリー契約なら、どんと安く成ります。

2010year

外国人と結婚をして豪勢な邸宅を建てちゃう島民も要れば

パンツを履かせて貰えない、学校にも行かせて貰えず子供の時から家の用事やらで

水汲みにはげむ健気な子供達とフィリピンでは田舎であろう都市圏であろう目にしますね

神様は平等に生を与えたのではと考えさせられますね


下記から過去のシキホール日記が読めます。


1) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
2)  フィリピン 2007 シキホール 再訪 
3) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
4)  フィリピン 2007 シキホール 再訪 
5) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
6)  フィリピン 2007 シキホール 再訪 
7) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
8)  フィリピン 2007 シキホール 再訪 
8) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
9)  フィリピン 2007 シキホール 再訪 
10) フィリピン 2007 シキホール 再訪 
11)  フィリピン 2007 シキホール 再訪 
12) フィリピン 2007 シキホール 再訪 


1) ラレナ地区
2)  LAZI 地区 (graduation ceremony)
3)  バイクでぶらぶら 
4) 安宿さがし ダストラム 1
5)  安宿さがし ダストラム 2
6) 安宿さがし1 ブヒサンロッジ
7)  安宿さがし2 ココグローブ 1
8)  安宿さがし3 ココグローブ 2
9)  レンタルバイクでぶらぶら
10) ラレナの街
11)  シキホール地区の市場
12)  トンゴ地区 カガルワン
13)  レンタルバイクでぶらぶら2
14)  シキホール宿 コーラルケイ
15)  シキホール宿 スイスコテージ



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/652-c9c44094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。