FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スリガオ港~セブ港
6月13日
3:00起床 深夜からの雨はまだ時おり降り続いています。
これから荷物を背たらいDAPAまで30分はバイクで走るというのに最悪です。

4:40分 小雨に成ったのを見計らい宿の兄い運転でDAPAの港へ向け走ります。
5:10分 DAPAに到着、兄いとわかれ朝食用のパンを買い込み乗船です。

ボートでは行きと同じの甲板の後部座席を陣取りこれからスリガオまでの4時間に備えます。
スリガオとシャルガオ間は2時間で結ぶファーストフェリーも有りますので
自分のスケジュールに有った船旅を選びましよう(料金は倍近いです)

2007 May フィリピン

6:00に出港し潮の関係でスリガオ港まで4時間以上も掛かり
船はスリガオの港に10:20分に着いたわけですが

セブ行きナイトフェリーの出発がPM7:00それまでどないして過ごそうかな
よ~く考えてみるとスケジュールが変わる前の私のシュミレーションでは

PM3:00にシャルガオを出て6時にスリガオ着で、その足でセブ行きのボート
チケット購入し乗り込む、時間のロスが無い絶好の乗り継ぎと考えていたが

スリガオまで4時間も掛かってるようじゃその晩のナイトフェリーには間に合わず
一泊強いられてたかも知れませんね ボートスケジュール変更は結果的に良かったかも!

2007 May フィリピン

とにかくPM7:00出港のため時間は有るのでのんびりモードでCOKALIONG シッピングの
オフィースを探しセブまでのチケットをエコノミー(甲板の二段寝台)582ペソを買いました。

お願いしたら荷物も預かって頂けるということで軽装で町まで出て時間を潰せるように成りました。
まずはオフィースからトライスクルで6ペソ(市内は一律6ペソ)です。

涼みがてら朝食にチョウキン(中華ファーストフード)へ入りワンタン麺とシオパオ(肉まん)
食後の町歩き2時間 海辺の風が吹き抜ける待合室で1時間30分ほど休憩し

西日降り注ぐフェリー乗り場の方へ歩き出す。
フェリー乗り場一帯は食堂街でバーベQ屋台風の店がたくさん並んでいるので
今夜のフェリーでの酒の肴に買い込みました。

2007 May フィリピン

出港まで2時間近く有りましたが係りの者に聞けば乗船可能ってな返事だったので
バーベQにフィッシュボール(お気に入り)を持って乗り込みました

荷物をベッドの横に置いて貴重品だけを持ち船内見学です。
奥の方へ進むとなにやら店があるので入ってみると

2007 May フィリピン

ここはレストランではなく売店ですが乗客の皆さん持込のバーベQまたは弁当など
どうどうと広げ食べてましたので私も甲板で食べるつもりでしたが

ここへ持ち込みビールだけ購入しラムなどでセブに向けてひとりで祝宴をしました
冷房が効いてるので快適そのものの船旅です。

ちなみに超冷えたサンミゲールが40ペソでした。
文庫本を読み、うたた寝しだしたので自分のベットへ帰り寝ました。

2007 May フィリピン

夜中に目を覚ますと船はどこかの港へ入っていくようなので
聞いてみるとレイテ島のMaasinとのこと結構、下船する客が多かったですよ

ラムを飲みなおし朝まで爆睡いしました。

これから収容所へ連れていかれるのでは有りません
リゾート地 セブへ向かってます(笑

2007 May フィリピン

6月14日
5:30起床 揺れも無く快適な睡眠が出来ました。
今回でフィリピンの船旅の印象が良い方へ変わって来ました

左前方にうっすらとマクタン大橋が見えてきました。

2007 May フィリピン

上) 新マクタン大橋 数年前にこれが出来たおかげで朝夕の渋滞が減り市内から空港までの時間が短縮されました。

下) 旧マクタン大橋 セブ市内からのジプニーはこの橋を渡ります右手セブ側は
   マンダウェイ市のレチョン屋ブタの丸焼きの店が多い所です。

   左側がマクタン島で降りて直ぐの交差点を左折すればガイサノ・マクタン エアポート方面です。
   ちなみに交差点を直進するとマリンバコおよびマリンゴドン地区ですね

2007 May フィリピン

旧のマクタン大橋は日本の戦後保障で作られたセブとマクタン島を結ぶ最初の橋です。

次の項に詳しく画像は出ていますが
この旧のマクタン大橋を過ぎた辺りから小型バンカー(エンジン付き)に乗った物乞い船が付いて来ます。

一種のパホーマンス・セブ入港のセレモニーと受け取りました 生活するのも大変だわ
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/66-39a301bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY