FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン シキホール レンタルハウス 宿 ホテル
2011年1月30日

お世話になっているTOM氏のサイトにも書かれているが、氏のコテージに滞在した
日本人の中でもシキホール島が気に入って、さらに長期滞在したいという人は
少なくないらしい、何を隠そう私もそのうちの一人である。

そんな訳で、いきなり土地をレンタルしてテンポラリー住まいなのを建てるのも
無謀な話しなので島で取り敢えずは一軒家もしくはアパートを探してみた

お金さえ出せばハワイやカンクンにあっても十分に通用しそうな作りの建物も
借りる事が可能なのは資本主義社会の中この様な島であっても言える事なのだが

そんなのにどんと構えて滞在していても現地の人からのやっかみも含め
近所付き合いなどできたものではないと考えるのは私だけであろうか

まあそんな与太金が有るなら毎晩、地元で採れたシーフードを肴に
美味いワインを喰らう方を選択するがねw

私自身、まかりなりにも島にはここ数年で5回以上は訪れている
その際に滞在中は何度かバイクをレンタルして島内巡りを楽しんでいるのだが
走行中にレンタルハウス地元的にはHOUSE 4RENT と
サインボードを掲げてる場合は繁盛に覗くようにしていた。


2011


実際に目を凝らして走っていると、その手のサインボードは島内各地で見つけられる
田舎フェチで、街から離れてより自然を求めて部屋を探す場合は
近くに飯屋などなく自炊を強いられることも想定しておかねばならない

それか滞在中はレンタルバイクを借りっぱなしで足にしてしまうのも手では有るが
其れなりにコストパフォーマンスには向かない
チャリって選択肢も有るがiいささか貧乏くさいw


2011


今回はひとり身なので宿から歩いて、いろいろと事の足りる町なかのアパートを選択した。
場所はシキホールから10キロほど離れたラレナと呼ばれる町にあるアパートで
以前はJICAの協力隊員が済まれていたところで私にも馴染みはある。


2011


1ヶ月 4500ペソ 9000円 エアコン、トイレ、シャワーが部屋に備わっている。
日割り計算すると1泊 150ペソ 300円になる

エアコンの効きも十分だし、今どきエアコンが付いて150ペソ/日は納得のいける価格帯だと
思えるのだが、それでも島民からすれば割高感は拭えない


2011


部屋に備わっているトイレ、シャワー共に、水圧は十分である。
キッチンと飲食用のテーブルは長期滞在者にはありがたい

2階のゲストだけの専用スペースなのでテレビの置かれている
共同スペース、キッチンに備わってるテーブル共に混み合う事はない

これからの暮らしに乞うご期待ってとこだろうかw


関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/666-d30332f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY