FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


セブ入港に集まる物乞い船
旧マクタン大橋を過ぎた辺りから突如一隻のエンジン付き小型バンカーがこの船目がけて猛スピードで
向かって来たと思えば船体横腹近くで急旋回、最初は何事かと状況が掴めませんでした

これがスルー海 辺りの出来事だと一瞬、かか海賊~ってびびるけど
フィリピン第二の都市セブ港なもんでアトラクション的な見方しか出来ませんでした。


2007 May フィリピン

フィリピンを船旅してるとコイン拾いを生業としてる姿はよく目にしますが
たいていは子供 それに手こきのボートで現れるか発泡スチーロールの物体に

またがっての燃料代の掛からないエコロジーな方法なんで
いくぶんここでのコイン拾いのエンジン付きボートでの参上には驚きました

2007 May フィリピン

上) 家族で営業中の物乞い船 船首の女の子は日本じゃ高校生か短大生、お年頃ですよね
   恥も外聞も無く海に飛び込みコインをひらってました。

下) さしずめ家族の長老でしょうか? お金入れのデカイこと笑っちゃいました。
   確かにもう海へ飛び込めるお歳じゃないもんね 婆ちゃん!

2007 May フィリピン

以前は瓶に100ペソをねじ込め喜捨してる洒落のわかるフィリピン人も見かけましたものでした

2007 May フィリピン

おそらく子供は同情を引くための演出でしょうが上からコインが投げ込まれると当然ながら
子供をボートに残し飛び込みます。そこそこのサイズの船なら気にも成りませんが

この小さな船から飛び込むわけですから子供がボートに残ったまま大きく左右に揺れます
時にはフェリーの引き波でとんでもない方向に向いちゃったりと見ている私がハラハラ。ドキドキ

2007 May フィリピン

フェリーから投げ込まれるコインはたいてい1ペソコイン2.6円から5ペソです。
商売敵のボートは何隻も出ています いったい一日の稼ぎはガソリン代を差し引いて
如何ほどのものなんでしょう? 最後まで疑問は残りました。

2007 May フィリピン

エンジン付きに比べ手こきは経費が掛からないけど よ~く考えてみて下さい
フェリーも港へ向けて動いてるわけです。コインを投げる乗客目がけての移動は
断然、手こきは不利です。 もちろん私は手こきボートの見方でした

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/68-821f8df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY