アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジプニーでマクタンへ 2
2007 May フィリピン

豚の丸焼きは「レチョン・バボイ」と呼ばれるようです。
子豚の内臓を取り除き香草を詰め、頭から尻尾にかけて棒で串刺しにし、

火の上でゆっくり回しながら丸1日かけて焼きます。
レチョン・バボイは料理に手間がかかるため高価で、フィエスタや誕生日などの祝い事のといきに
振舞われることが多いです。皮はパリパリして北京ダックのよう、肉はやわらかくジューシーで美味です。

2007 May フィリピン

上)  一命を絶たれた子豚は熱湯につけられます。熱湯につけると
子豚の毛はいとも簡単に抜けてしまいます。
    残っている毛を安全カミソリでそり落とした後、内臓を取り除き、代わりに野菜を詰めます。

    先がとがった竹竿を口からおしりかけて突き通し、子豚の表面にたれを塗ってから火にかけます。
    竹竿をずっと回し続けて焼きます。1時間半ほど焼き続けると、きつね色になってきます。

    ゆっくり時間をかけて焼くので、大部分の皮は残っています。
    だから、肉汁が中に閉じこめられて、肉がとってもジューシィになるのです。


下)  鶏の丸焼きは「レチョン・マノック」と呼ばれます。
    ちょっとしたパーティーで出されたり、酒の肴にすることが多いです。

2007 May フィリピン


2007 May フィリピン

ワンサーブでミニアムが250グラムと言われました これで70ペソです。

それにレチョンの友 プソ(ご飯) 左後方の葉っぱで編んだかたまり
日本で言うと、おにぎりのような役割。葉のなかに蒸したご飯が詰まってます。
大きいので1個 2~3ペソ程度です。
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/70-6e1a0838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。