アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボルネオ島 サバ州 ラハ ダトゥ 水上集落 3


マタハリ(太陽)が出てないせいでもあるのだろうが、なにより水上に建てられた環境が
大いに功を奏し涼しくコンクリートで囲まれた街の環境から一転しこのような集落も
利にかなっているものだと感心しつつ集落の奥へと進んだ


2011


このような環境でありながら色々な商店がある
大部分を占めるのは生活には欠かせない食料品を売る店なんだがね


2011


はじめママゴト遊びでもしてるのかと思いきや かき氷屋??
これでも一応は商店なんだ


2011


渡し板の長さは不ぞろいで、すき間も多く構造もあまりしっかりしておらず
だんだんと奥へ進むには困難な状態におちいって来たね


2011


水上集落はボルネオ島では伝統的な集落の形態であるようだ
水上集落に居住している人々の大半は漁業に携わっているようで


2011


粗末な生活に見えるが家からそのまま小舟で漁に出かけられる利便性や
トイレが不要なども含めて多くの生活上の利点があるようだ


2011


海から吹きつける風が気持ちいい~

もう一回、水上集落をひっぱらしてもらって次回で最後にしようと思う

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/730-4665fad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。