アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボルネオ ラブアン島 続き
ラブアン島、温暖ではあるが周りが全て海の島ゆえに湿度が高く少し歩き回るだけで汗が吹き出る

昼間などは出歩かずエアコンの効いた部屋で過ごせば良いのだろうが悪い癖で行くあても無いのに
リードの外れた飼い犬のごとくいたるところを徘徊した。


2011


同じような長屋風の建物が多く、いくども同じ道を歩いたような感覚におちいった
食堂からは調理の熱風が吹き出し行き場を失い路地を覆う
たかが街歩き、されど散歩とは言え日中はそれなりの覚悟が必要だ


2011


島の中心は本島南東部にあり繁華街や商業地区はそこに集中している。
華人経営の旨そうな食堂もあちこちで見られ夕方からの酔いどれタイムは店の選択に迷うことは無い

国家が国家だけに、フィリピンなどではしばし見かける昼から酔いどれの客は見かけない


2011


ラブアンのジェッティ(港)の外れにある市場
他のアジアで見られるほど食材は豊富ではなかった
品物が綺麗に整頓され積まれてるあたりが先進国家を意識している。


2011


市場は漁港にも近いだけ魚市場と併設していたのだが昼間の熱気で辺り一面に放たれる臭気
今回は野菜・果物市場だけの観光でひきあげた。
勘弁してよぉww


2011


市内にある夕方から開店し始める屋台街、規模は小さく興味をひく店などは見当たらない。
聞いてはいたが少々、拍子抜けしたね


2011


イスラム圏故に食材に関し鶏の消費が目立つマレーシア
屋台でも一番流行っていた店は唐揚げの屋台である。

そう言えば我が町に、お祭りの時に出る屋台・夜店も唐揚げの屋台は人気だわ


関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/741-03c43ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。