アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルネイ バンダルスリブガワン 1


画像のブルネイまでは、まずラブアン港のパスポートコントロールでマレーシア出国手続きを終え
AM9時に出発する自称高速艇でブルネイの航路入国でもあたる最寄りの港、ムアラ港に向かった


2011


ガイドブックでは確か1時間で到着と書いていたはずなんですよね、ところが正味2時間も掛かって
ムアラに到着、思うには高速艇の種類がラブアンから乗ったのに比べショボ過ぎていたのが原因かと...


画像はブルネイの首都バンダルスリブガワン中心部


2011


それでもとやかく言う客は誰もおらず、アジアンタイムはここでも健在だ
ムアラの港へ到着後、ブルネイ入国のスタンプ 笑顔が帰ってくるフレンドリーな税関であった。


画像はバンダルスリブガワン中心部で港の対岸・両替所などがある通り


2011


ここまではなんのトラブルも無く順調に事は運んだのだが...
さてムアラ港から公共のバスに乗り換えブルネイの首都バンダルまで参るはずが
何処を探せどバスなんて見当たりません、それに国境でよく見られる客引きやら

接続の交通機関は見当たらないし、それに私以外に公共のバスなんぞ探してる
貧乏くさい奴はおらず皆さんお約束のように迎えの車(たぶんマイカー)で先へ急がれます。

観光客(外人)は空路入国がデフォルトなんしょね


2011


港のスタッフに聞きに行くと午後の到着便ならバスは有るとのこと
それってなんなん? まかりなりにも航路での国境とちゃうん?不思議で成らない?
やはりブルネイは俺のような貧乏くさいバックパッカーが訪れる国ではないのか

ここから先の話は次号のバンダルスリブガワン2で


画像は中心部の商店街と言えど淋しい限りだ


2011


画像は同じく中心部の商店街


2011


アルコールを嗜まないお国柄、夜の帳が降りたとたんに商店が閉まっていき
目を付けていた食堂も残ってるおかずの淋しいこと

ビールでも有るなら、文句も言わず残りのおかずで一杯ってな塩梅なんでしょうがね


2011


一応、それなりのCafeも数店、あったものの皆さん、あま~いジュースで語らっておられました
この手はフリーWi-Fiが使えるのでPC持ち込みの方は暇つぶしになるかと思うんですが...

ただ蚊が多いんですよね密かに輸血ルームと銘打ってPC片手に夜長を過ごしてたっけw



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



港から街へのバス

Rita Riyanto@ジャカルタです。

> さてムアラ港から公共のバスに乗り換えブルネイの首都バンダルまで参るはずが
> 何処を探せどバスなんて見当たりません、それに国境でよく見られる客引きやら
> 接続の交通機関は見当たらないし
> 港のスタッフに聞きに行くと午後の到着便ならバスは有るとのこと

直通バスは少ないようですが、乗り継ぎならばバスは一日中あります。
まず、港の前からNo.33に乗り、Pekan Muaraバスターミナルまで行きます。
これは、1時間に1本程度の運行です。
次に、Pekan MuaraバスターミナルからNo.37、No.38、No.39に乗れば、市内中央の
バスターミナルに到着します。
こちらは3系統合わせると、10分に1本程度の運行です。
Pekan Muaraバスターミナルで乗り継ぎの際、そこにいるバス会社の係員にそこまでの
乗車券を提示し、乗り継ぎスタンプを押してもらいます。
この捺印済み乗車券で、乗り継ぎバスに無料で乗れます。

ただ問題は、1時間に1本程度のNo.33。
これを待つのは若干難儀です。
フェリーターミナルからPekan Muaraバスターミナルまで約2km。
炎天下をものともしなければ、歩くのは可能です。
フェリーターミナル : 北緯5°00'55.43" 東経115°03'53.77"
Pekan Muaraバスターミナル : 北緯5°01'33.81" 東経115°04'11.91"
私はひ弱なので、トラックをヒッチしましたが。(笑)


@ 管理人

そうだったんですか。。
なんせ全ての乗客が迎えの車で去っていき
公共の乗り物を待ってる人が一人もいなく聞くにもバスなど今の時間は来ないとか
不安材料ばかりだったので焦りました。

って言うか一日数本の船が付いたら、何かしらの移動手段が待機してるのが
今までのデフォルトだったのでいきなり拍子抜けした次第でしたww





関連記事


コメント
勉強になりました。
初めてブルネイの街角らしい風景を見させていただきました。
何かシンガポールの街角を淋しくした感じですよね。
本当に活気がない感じですよね。
以前、マニラでブルネイの中国系のビジネスマンに会って話したことがあるのですが、
本当のブルネイ人はみんなリトルキングとか言って働かないと話していましたね。
商売はほとんど華僑がやっていますか?
[2011/08/25 08:59] URL | Ryuchan #- [ 編集 ]

Ryuchanさんへ

こんにちは、コメント有難う御座います。

> 初めてブルネイの街角らしい風景を見させていただきました。
> 何かシンガポールの街角を淋しくした感じですよね。

確かに人影のまばらな時のシンガポールのアラブ人街のような雰囲気が漂ってますね
通りに屋根の有るショップハウスがそのような錯覚を起こさせる要素を持ってますね

> 商売はほとんど華僑がやっていますか?

お約束のように床屋はインド系が占めており
貴金属は華僑が握ってるようです。
ここでも安い賃金で出稼ぎに来てるインドネシア人を多く見ましたよ

[2011/08/29 07:05] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

港から街へのバス

Rita Riyanto@ジャカルタです。

> さてムアラ港から公共のバスに乗り換えブルネイの首都バンダルまで参るはずが
> 何処を探せどバスなんて見当たりません、それに国境でよく見られる客引きやら
> 接続の交通機関は見当たらないし
> 港のスタッフに聞きに行くと午後の到着便ならバスは有るとのこと

直通バスは少ないようですが、乗り継ぎならばバスは一日中あります。
まず、港の前からNo.33に乗り、Pekan Muaraバスターミナルまで行きます。
これは、1時間に1本程度の運行です。
次に、Pekan MuaraバスターミナルからNo.37、No.38、No.39に乗れば、市内中央の
バスターミナルに到着します。
こちらは3系統合わせると、10分に1本程度の運行です。
Pekan Muaraバスターミナルで乗り継ぎの際、そこにいるバス会社の係員にそこまでの
乗車券を提示し、乗り継ぎスタンプを押してもらいます。
この捺印済み乗車券で、乗り継ぎバスに無料で乗れます。

ただ問題は、1時間に1本程度のNo.33。
これを待つのは若干難儀です。
フェリーターミナルからPekan Muaraバスターミナルまで約2km。
炎天下をものともしなければ、歩くのは可能です。
フェリーターミナル : 北緯5°00'55.43" 東経115°03'53.77"
Pekan Muaraバスターミナル : 北緯5°01'33.81" 東経115°04'11.91"
私はひ弱なので、トラックをヒッチしましたが。(笑)
[2012/12/22 18:44] URL | Rita Riyanto #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/743-416d5ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。