FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2019.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ブルネイ バンダルスリブガワン 市場 見どころ 観光
ブルネイ滞在でのベース、プサット・ベリア・ユースホステルの前の大通りを5分ばかり歩いて
市内の中心部へ向かうと川沿い左手に何やら市場が見えてくる

ここは一部トタン屋根が有るものの一見して青空市場の様相で店開きをしている
だらだらと一日中、営業しているものの、やはり活気があるのは早朝の時間帯だ


2011


対岸の水上集落、カンボンアイルからもタクシーで毎朝、御婦人方は横付けされる
もちろんここでのタクシーと言えばスリル満点の水上タクシーのボートの事である


2011


水上集落から乗せて来た空のボートは目ざとく観光客の私を見つけると
ボートに乗って観光しないかと、ひつこくセールスに励む

それも尋常ではないくらいのセールストークにうんざりするほどだ
よほど相場の解らないおのぼり観光客からの収入が大きいのがうかがえるね


2011


ここでも野菜の陳列は綺麗に整頓され今まで目にしてきた途上国の市場と一線をひいている
なんたってブルネイなんだものw


2011


カメラをぶら下げた得たいの知れん浅黒い日本人がよほど珍しいようだ


2011


市場の叔母さんであろうが金ピカの装飾はお約束だ


2011


休日には生き物の市も開かれるようだが、たぶんペットでしょう
中国なら疑うことなし食材なんだろうが


2011


日本でも時折、ホームセンターのペット売り場などで売られている
本場のマレー箱カメ、これなんかも地産地消って呼んでいいのかな


2011


恐らく東南アジア全域に生息するカニクイサルだろう
旅の伴侶として買ってくれ~ってでも言ってそうだが
あいにく♂だったww


2011


猛禽なんかも売ってるね
どこの国の市場でも言えることだが休日の早朝に覗くのが活気があって面白い

ブルネイにやって来て富の象徴とも言える贅沢の限りを尽くした金ピカなモスク、もううんざり
さしてモスクなんて面白みがあったわけではないが、ここに来て地元民が集う市場に遭遇し
何か自分のなかで少しは満足が出来たような気分だ

オレってやっぱジャンクやなぁww




関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/747-f33c36ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY