アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カンボンアイル 水上集落


あいにくブルネイでの観光の知識を持ち合わせていないのでモスク観光の次に向かったのは

市内中心部から目の先にあるカンボンアイルと呼ばれる水上集落だ


2011


ここへ行くには画像にあるボートに乗って向かうのだがこのボート
水上の格闘技と呼ばれる競艇ではないが、飛ばしまくりの、ある種危険な乗り物だ


2011


水中から立ち上がってる杭の間を抜ける時も一切スピードを落とさない、そんなことから
時おり衝突事故も有るらしく沈没・水没とのアトラクションも味わえるらしい

背中に背負ったデイパックには水分が苦手な電子機器などが数点入ってるため気が気でない
最近の旅は便利になった反面、昔の旅では考えられない苦労もあるのだよ


2011


それと前回の項にも書いたが船頭が、なんとかして観光客から金を少しでも多くふんだくろうと
待ち構えているので、私が向いたい対岸の集落はあまりに近すぎて儲けにならないのか
2時間程度のボートクルーズの勧誘に余念がない



さすがに桟橋で繋がってる地区だけに子供らの遊びも限られてくる
人気はタコあげのようで、そこらじゅうの電線に絡まっていた



2011


事前にジモピーから集落までのボート料金を聞いたところ50¢15円で参れるとのこと
それを念頭に桟橋へ向かうと案の定、2ドルやら3ドル70円前後とぬかしてくる塩梅だ
わずかな金額なんだが、それでも数倍はふっかけているのが腹立たしい



一件の家屋を覗いてみたが陸の家と変わらないくらい奥行があり広々としていた、もちろんエアコン完備だ
以前に訪れたサバ州のラハダトゥの水上集落の貧しさとは比べ物には成らない



2011


ここでボートクルーズなど勧誘を聞くのがウザイ場合、それに対岸の水上集落へ地元料金で
参りたいのなら先客が乗り合わせたボートに目ざとく便乗してしまう事だ



対岸から引かれる水道のパイプもホースではなく本格的で
ここは単なる水上集落ではなく街としての地位を確立しているようだ



2011


何故ならボートに乗る地元民の大半は集落へ帰る人なんで同じ場所で降りて50¢を支払うか
集落は桟橋で延々と繋がってるので気に入った場所で降りて50¢だけ払えば咎められる事はない


2011


イスラムの人、マレーシアの人は猫好きが多く、ここでも野放しにそこらじゅうで見られた


2011

ここでも色々と見てきて感じたが決して豪華な造りではないけれど陸上の生活では感じ得ない
自然の開放感みたいな雰囲気・通り抜ける風が心地良くそれ故に不自由な水上生活であっても
離れられない理由が理解できたような今回のミニトリップだった。



帰りのボートは単独で乗る事が多くなるはずだが、ここでも対岸の岸に降り立ったら50¢だけ
支払ってさっさと立ち去ろうね



モスクと同様にブルネイを代表する水上集落(カンボンアイル)へ向かう
暴走族まがいのスピードで突っ走る水上タクシー 船頭も余裕の表情だね




下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



分譲住宅
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 船頭が、なんとかして観光客から金を少しでも多くふんだくろうと待ち構えて
> いるので、私が向いたい対岸の集落はあまりに近すぎて儲けにならないのか
> 2時間程度のボートクルーズの勧誘に余念がない

私は見知らぬインド人と二人で、水上観光15分を一人B$2.5まで値切り倒しました。(笑)

ここの水上集落には、新築がありました。
政府が造成・分譲しているそうです。
お値段は、平屋のものがB$7万≒467万円、二階建てのものがB$9万≒600万円だそうです。
30年分割のローンで払い、利息は無し。
思ったより高くないですね。
あじ☆さん、終生の棲み家にどうですか?


@ 管理人

憧れの水上コテージ。。水上生活。。悪くはないですね
お酒が安くおおっぴらに飲めるのでしたらねww

テラスで太陽をサンサンと浴びながらビール飲んでいたら
反感かうでしょうねww



関連記事


コメント
分譲住宅
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 船頭が、なんとかして観光客から金を少しでも多くふんだくろうと待ち構えて
> いるので、私が向いたい対岸の集落はあまりに近すぎて儲けにならないのか
> 2時間程度のボートクルーズの勧誘に余念がない

私は見知らぬインド人と二人で、水上観光15分を一人B$2.5まで値切り倒しました。(笑)

ここの水上集落には、新築がありました。
政府が造成・分譲しているそうです。
お値段は、平屋のものがB$7万≒467万円、二階建てのものがB$9万≒600万円だそうです。
30年分割のローンで払い、利息は無し。
思ったより高くないですね。
あじ☆さん、終生の棲み家にどうですか?
[2012/12/22 18:50] URL | Rita Riyanto #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/748-160f82ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。