アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルネイ発 マレーシア KK行き国際バス-2
前回の続きだが、往路と同じコースでコタキナバルまで戻るのもなんなんでブルネイ滞在中のおり
青空市場の前で偶然コタキナバルまでの陸路移動・国境越えの路線バスを見つけた。

それってべつに威張れるほど珍しい発見でもないシロモノで
普通に旅行者が乗っていても違和感もなんも無い国際バスなんだが





ただ普通の国境越えバスと違うのは地図上のブルネイ領土を見て頂ければお分かりのように
ブルネイって国はマレーシアのサラワク州を飛地・タコ地のように構えられている


2011


道路は当然、厄介なジャングルなんぞを開拓せずに普通に平坦な立地を選んで整備するために
国境を隔てブルネイ領・マレーシア領を入ったり出たりと不思議なルートで進むのである。

本来ならブルネイ出国でスタンプ、マレーシア入国でスタンプとパスポートには
合計二つのスタンプを押されてハイおしまいのハズだが
ご覧のように国境を出たりはいったりとするのである種、スタンプラリーなわけだ


2011


バス会社のスタッフ制服の裏にはKKまでのルートが書いておりガイドブックには載っていない
街の名も確認出来て実にわかりやすいってことで、またまた寄り道決定!

LAWASで下車することに決め、後はダラダラとコタキナバルまで戻るとするか


2011

途中の車窓から....
1ブルネイドルが68円なんでレギュラーガソリンなら、なんと1リッター36円ww
どうりで燃費の良いハイブリッドカーなんぞ見かけんわけだわ


2011


上記の PETA LOKASI POS KAWALAN IMIGRESEN を参照

3ー4のチェツクポイント


2011


上記の PETA LOKASI POS KAWALAN IMIGRESEN を参照

5ー6のチェツクポイント

いゃあ 待ち人も少なく、実にのんびりとした国境だわ


2011


上記の PETA LOKASI POS KAWALAN IMIGRESEN を参照

5ー6のチェツクポイント


2011


MENUMBOKの街


2011


以前にも同じ事を書いたがマレーシアって国は何処へ行っても同じような景色・街並みが続く

建物は長屋形式、郊外へ出れば油椰子のプランテーション、そろそろ退屈して来てます

MENUMBOKの街


2011


MENUMBOKの街


2011


途中でもなにやら国境でも無いのにチェックポイントのため停車、実にスローである


どうだそこの若いの! 上司にも部下にも縛られない自由な時間、定年した大人はいいもんだぞうww

馬鹿な事は言ってないで、まだまだスタンプラリーは続くのである





関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/753-3bd5ea6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。