アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルネイ発 マレーシア KK行き国際バス-3


ブルネイ サラワク州 サバ州へと国境バス乗車の続編です。

景色も単調、そろそろ退屈しかけた頃、バスは停車し動きません
道路工事かなと車窓を眺めるとレンガ色した川が流れていますね
地図で確認すると、どうやらここは、ブルネイと、マレーシアの境界の川のようだわ


2011


さらに面白い事にこんなに幅の狭い川なのに、フェリーで渡るようです。

橋を架ければ、良いことなんだがと思うのだが、何か特別な理由があるのでしょうか?


2011


乗船時間もわずか数分、これだと気分転換に外の空気でも吸いに車外にと思うが出る間もない


2011


川を渡って直ぐの所に再び、ブルネイ出国・マレーシア入国のイミグレーションがあった


2011


日本のパスポートに笑顔でスタンプ

例によって、ここのイミグレものんびりとした空気が流れてました。


2011


1.ブルネイから、マレーシアのサラワク州へ出国
2.ブルネイから、マレーシアのサラワク州へ入国

3.マレーシアのサラワク州から、ブルネイへ出国
4.マレーシアのサラワク州から、ブルネイへ入国

5.ブルネイから、マレーシアのサラワク州へ出国
6.ブルネイから、マレーシアのサラワク州へ入国

さてここで何回目だろう、あまりに多くて最後は考えるのもやめにした


2011


ここもイミグレーション・パスポートコントロールですが、車で入国する人
私たちのようにバスから降りて歩いて入国する人と同じく利用する小さなパスポートコントロールです。


2011


そして、さらに、サラワク州と、サバ州は、人の出入りを、厳しくして
いるようで、別の国へ出入りするような管理をしてました

さらに....

7.サラワク州から、サバ州へ出国
8.サラワク州から、サバ州へ入国


2011


どうにかコタキナバルまでのバスが停車する街でマレーシア・サラワク州のLAWASに到着

この街に寄り道のため国境バスを下車することに
果たして安宿なんぞ存在するのかな?
そんな不安な気持ちが、ひとり旅をいっそう駆り立ててくれたりしてw


2011


そんなこんなでバスを降りて、パスポートにスタンプを押して貰らった
ブルネイ~マレーシアへの陸路通過の証ですな

まったく文化の違う不便な所で不自由を楽しむのも旅の醍醐味と捉えよう
やっぱおれって相当ジャンクだわww



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。




フェリーと滞在許可
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 景色も単調、そろそろ退屈しかけた頃、バスは停車し動きません
> 道路工事かなと車窓を眺めるとレンガ色した川が流れていますね
> さらに面白い事にこんなに幅の狭い川なのに、フェリーで渡るようです。

このフェリー、衝撃的ですよね。
川幅が、フェリー全長の2.5倍くらいしかないですから。
1分も航行しない内に、もう向こう岸。

> 橋を架ければ、良いことなんだがと思うのだが、何か特別な理由があるのでしょうか?

私が理由を聞いた限りでは、単に交通量が少なかったからとか。
昔はね。
ところが今は車の数がものすごく増え、連休時には2時間待ちもザラ。
という事で、来年早々、橋の工事が始まる事になりました。
このフェリーに乗れるのも、あと1年くらいです。

> そんなこんなでバスを降りて、パスポートにスタンプを押して貰らった
> ブルネイ~マレーシアへの陸路通過の証ですな

9枚目の写真にあるイミグレスタンプ。
マレーシアは日本人に対し、通常90日の滞在許可をくれるのですが、Mengkalapでの入国
では30日のスタンプが押されています。
これが非常に気になっていたので、私が同じ国際バスに乗った際も注意していましたが、
やはり30日でした。
その場でイミグレ係官に、「何で30日なの? 日本人は90日でしょう?」と念押ししたの
ですが、「サラワクを出てサバに入った時点で、また90日をもらえるわ」と間抜けな
回答でした。
実際、サバに入っても90日などもらえません。
どうも、ここのイミグレでは日本人に対して恒常的に30日のスタンプを押しているようです。
(恒常的と言っても、いったい日本人が何人通るかは疑問ですが(笑))
例えばボルネオの後、飛行機で半島側に飛び旅を続ける場合、うっかりとオーバーステイに
ならないよう注意が必要なようです。



@ 管理人

カンボジアのシアヌークビルを出発しタイ東部へ越境するにあたり
ここまで川幅は狭くはないのですが
やはり同じように橋が掛かっておらず
当時は三つも四つも橋を超えてカンボジア・タイ国境を目指したものです。

現在はここと同じような交通量が増えたとの理由から橋が掛けられ
大幅の時間短縮が可能に成りました。
でもその裏側には職を失った人も多数出たんでしょうね





関連記事


コメント
フェリーと滞在許可
Rita Riyanto@ジャカルタです。

> 景色も単調、そろそろ退屈しかけた頃、バスは停車し動きません
> 道路工事かなと車窓を眺めるとレンガ色した川が流れていますね
> さらに面白い事にこんなに幅の狭い川なのに、フェリーで渡るようです。

このフェリー、衝撃的ですよね。
川幅が、フェリー全長の2.5倍くらいしかないですから。
1分も航行しない内に、もう向こう岸。

> 橋を架ければ、良いことなんだがと思うのだが、何か特別な理由があるのでしょうか?

私が理由を聞いた限りでは、単に交通量が少なかったからとか。
昔はね。
ところが今は車の数がものすごく増え、連休時には2時間待ちもザラ。
という事で、来年早々、橋の工事が始まる事になりました。
このフェリーに乗れるのも、あと1年くらいです。

> そんなこんなでバスを降りて、パスポートにスタンプを押して貰らった
> ブルネイ~マレーシアへの陸路通過の証ですな

9枚目の写真にあるイミグレスタンプ。
マレーシアは日本人に対し、通常90日の滞在許可をくれるのですが、Mengkalapでの入国
では30日のスタンプが押されています。
これが非常に気になっていたので、私が同じ国際バスに乗った際も注意していましたが、
やはり30日でした。
その場でイミグレ係官に、「何で30日なの? 日本人は90日でしょう?」と念押ししたの
ですが、「サラワクを出てサバに入った時点で、また90日をもらえるわ」と間抜けな
回答でした。
実際、サバに入っても90日などもらえません。
どうも、ここのイミグレでは日本人に対して恒常的に30日のスタンプを押しているようです。
(恒常的と言っても、いったい日本人が何人通るかは疑問ですが(笑))
例えばボルネオの後、飛行機で半島側に飛び旅を続ける場合、うっかりとオーバーステイに
ならないよう注意が必要なようです。
[2012/12/22 20:00] URL | Rita Riyanto #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/754-e8c52107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。