アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボルネオ国際バス ブルネイ~ラワース~ビューフォートへ


LAWAS 滞在を終えブルネイから乗ってきた国際バスに再び揺られ終着地であるコタキナバルへ

素直に直行と思いきゃ、途中のビュフォートと言う町が気になりだし寄り道をすることに



2011



まずはブルネイから着いた時と同じのバスターミナルでビュフォートまでのチケットを購入
事前に下見に行った12:30分発のコタキナバル行きのバスに乗車、20分遅れで出発であった

隣にはコタキナバルからやって来たブルネイ行き同じ会社の国際バスが待機していた。


2011


道中のバスの車窓から通り過ぎていく街を望む


2011


ここは既にマレーシアであるにも関わらずサラワク州からビュフォートのあるサバ州に入る地点で
またもやパスポートコントロールが存在し、またひとつパスポートにスタンプが押された。
パスポート・スタンプラリーの終着地点は、ここであった訳だ


2011


道中のバスの車窓からだが今まで旅してきた東南アジアと比べ街並みは整い過ぎていて風景を見ていても退屈だ


2011


少し大きい目の街には、立派なモスクはお約束のようだ


2011


LAWASから乗車して1時間50分で寄り道の街であるビュフォートに到着
日本のお馴染みのガイドブックには載っていない街、勿論地図など持っていないし

取り敢えずは安宿を探しに街を歩くものの、予想をくつがえす小さな街である
そんななか見つけた一軒の華人経営と思わしき安宿、文華酒店(マンダリン・ホテル)


2011


レセプションは2階にあり到着した時間は昼下がりだけに昼寝でもしてるのか
声を掛けてもスタッフの反応が無い、静まりかえった安宿である。

重たい荷物をせたろうて他の安宿を当たるのも面倒だし暫くスタッフが起きるのを待つことに


2011


宿代の高いマレーシアであって他の国でも言える事だが、地方は安いの法則で40RM 1200円
もちろんAC トイレ シャワー TVは部屋に備え付いてある


さ~てと、荷物を置いて街歩きも兼ね遅い昼食でもとりに行くか~
なんて言うか初めて訪れる街へ踏み出す時の一歩、そのワクワクとした気分

幼少の時、親に内緒で自転車に乗って冒険気分で訪れた遠くの街
いくつに成っても、それに似た胸の高鳴りってあるもんだよね



下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



文華酒店
Rita Riyanto@ジャカルタです。

いつも安宿情報、ありがとうございます。

> そんななか見つけた一軒の華人経営と思わしき安宿、文華酒店(マンダリン・ホテル)
> 宿代の高いマレーシアであって他の国でも言える事だが、地方は安いの法則で40RM 1200円

この宿は、そこそこながら愛のある宿でした。
ここもRM5値上げしており、私が泊まった時(2012年12月3日)はRM45になっていました。(泣)
一部リノベーションされた部屋があり、新型の快適なエアコンに換装されています。
お泊りの方は、部屋を何室か見られると良いでしょう。



@管理人

どこもかしこも値上げの世の中ですね。
こんなうらびられた、置き忘れられた宿でも値上げなんですね。

逆に天井まで行ってしまった日本のビジネス宿などは値下げの道をたどってるのですがね

旧市街の食堂は閉店の時間が遅いので、この宿の斜め向かいで食べてましたが
自信をもって紹介できるほどコスパには欠けました。






関連記事


コメント
文華酒店
Rita Riyanto@ジャカルタです。

いつも安宿情報、ありがとうございます。

> そんななか見つけた一軒の華人経営と思わしき安宿、文華酒店(マンダリン・ホテル)
> 宿代の高いマレーシアであって他の国でも言える事だが、地方は安いの法則で40RM 1200円

この宿は、そこそこながら愛のある宿でした。
ここもRM5値上げしており、私が泊まった時(2012年12月3日)はRM45になっていました。(泣)
一部リノベーションされた部屋があり、新型の快適なエアコンに換装されています。
お泊りの方は、部屋を何室か見られると良いでしょう。
[2012/12/23 00:21] URL | Rita Riyanto #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/761-4f11b28c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。