アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボルネオ島 サバ鉄道 ビューフォート駅からテノム駅へ‐2


サバ州立鉄道、ビューフォート駅~テノム駅間、乗車記の続きである。

テノム行きの列車はビューフォートを定刻の5分遅れで出発、わりと正確なんだわと驚く
最初の頃は車窓から見応えのある景色はそれほど無くのんびりと走って行く

だんだんと山深くなり次第に楽しめる景観が次々と現れ、するとまもなく川が見えた
この後ずっと川沿いに走る 山深い土地なのに数軒の高床の民家が見え隠れする


2011


ビューフォートからテノムまでは、ラフティングでも有名なパダス川沿いを走り
ジャングル・トレインの別名があるらしいのだが、以前、終点のテノム付近で大雨が降って
地盤が緩んだために列車が川に転落するという事故があったらしい


2011


初めはゆるやかだった泥色の川がだんだんと急流に変わっていく

まさか、この泥色の濁流でラフティングをするの? 


2011


一見、なごみモードに見えるが想像をくつがえすくらいに揺れる列車での検札は大変だろうな


2011


小さな客車の車内はご覧の通りで床は板張りにドアや窓枠は木製、こんなのが現役だなんて感激だね


2011


バス停のような小さな駅だが屋根が有るだけまだましのようで
ブッシュのような場所で列車を待ってる客もいる


2011


驚くべきことにこんな辺ぴなところでも人が住んでいる

この沿線には道路がないので、この辺りの住民には鉄道がライフラインとも言えそう


2011


貨物車両?? 木製ベンチシートの客車もあるようだ


2011


そこそこ立派な駅に停車するやいなや乗客全てが降りるので、まさかここが終点のテノムなのか? 
いやいや人様のサイトで見たテノムは、もっと街だった印象が

駅名を確認するとHALOGILATと書いてある。
しばし待たされるんだが、山深いと言っても標高が無いので暑いのなんのって

そのうちに乗ってきた客車がディーゼル機関車に引っ張って連れ去られ
代わりにテノム方面から到着した別の客車に乗せられる。


2011


この時間帯の列車だけがそうなのか、ビューフォートからテノムまでは
直行ではなく一度、このHALOGILATで乗り換えさせられるようだ

だけどビューフォートの駅員はテノムまで直行だと断言したはずなんだがなぁ
まあこんな小さな事をとやかく言っててはアジアの鉄道には乗れないわな

そういゃ以前に面白い話を聞いたもんで
インドを鉄道で旅してる人が定刻にやって来た列車の車掌に向かって
いゃあ~ インドの鉄道も最近は正確になったもんだねと言ったら
車掌は、いえいえこれは昨日着くはずの列車で24時間遅れなんですと言ったそうだww





下記は当ブログの読者 Rita Riyanto(ジャカルタ在住) 様から
現地最新事情の投稿を頂きましたので追記分とさせて頂きます。



TenomからBeaufortへ
Rita Riyanto@ジャカルタです。

この区間、いいですね。
今は廃線となってしまった、旧国鉄の高千穂線を彷彿させるものでした。
私はTenomからBeaufortへと、片道しか乗車しなかったのですが、ここは往復乗車すべき所でした。

> 一見、なごみモードに見えるが想像をくつがえすくらいに揺れる列車での検札は大変だろうな

現在は、TenomからHalogilat間も路盤改良工事が終了し、乗り心地は改善されています。
線路脇には、枕木と組み合わさったままの古いレールが放置されています。

> この時間帯の列車だけがそうなのか、ビューフォートからテノムまでは
> 直行ではなく一度、このHALOGILATで乗り換えさせられるようだ
> だけどビューフォートの駅員はテノムまで直行だと断言したはずなんだがなぁ

調べました。
Beaufort~Halogilat間と、Halogilat~Tenom間は、完全に別運用になってました。
運行数も、車両数も違ってました。
 Beaufort~Halogilat : 1日4往復 / 客車2輌+荷物車2輌
 Halogilat~Tenom : 1日2往復 / 客車1輌+荷物車1輌


@管理人

途中の山深いところから乗車してくる人たち
民家など見えないがいったいどこから来たのだ。。
私は観光+遊びで乗ってるのだが
この人たちにとっては生活のためには欠かせない軽便鉄道なんだと思いました。





関連記事


コメント
No title
こりゃ楽しそうな列車ですね(^^ゞ
ぜひ、乗りにいきたい
そういえば、今年の夏はKLまでAIRAISIAの安いのが取れたので東マレーシアに行こうと思ってたのを南インドに変更したんでした
その時に調べた時点ではテノム路線はやってなかったようでした
[2011/10/09 20:47] URL | kimcafe #64owOXpE [ 編集 ]

kimcafeさんへ
よ~く ご存知で、一部の路線は長いあいだ工事で止まってたようで
私が訪問した数ヶ月前に開通したのは良いのですが
すっかり新型車両になっちゃって乗り心地は良いのですがガッカカリです。

明日のブログ画像を見て頂ければ解りますが
すっかり新型車両に様変わりしていました。
[2011/10/09 22:03] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

TenomからBeaufortへ
Rita Riyanto@ジャカルタです。

この区間、いいですね。
今は廃線となってしまった、旧国鉄の高千穂線を彷彿させるものでした。
私はTenomからBeaufortへと、片道しか乗車しなかったのですが、ここは往復乗車すべき所でした。

> 一見、なごみモードに見えるが想像をくつがえすくらいに揺れる列車での検札は大変だろうな

現在は、TenomからHalogilat間も路盤改良工事が終了し、乗り心地は改善されています。
線路脇には、枕木と組み合わさったままの古いレールが放置されています。

> この時間帯の列車だけがそうなのか、ビューフォートからテノムまでは
> 直行ではなく一度、このHALOGILATで乗り換えさせられるようだ
> だけどビューフォートの駅員はテノムまで直行だと断言したはずなんだがなぁ

調べました。
Beaufort~Halogilat間と、Halogilat~Tenom間は、完全に別運用になってました。
運行数も、車両数も違ってました。
 Beaufort~Halogilat : 1日4往復 / 客車2輌+荷物車2輌
 Halogilat~Tenom : 1日2往復 / 客車1輌+荷物車1輌
[2012/12/23 01:30] URL | Rita Riyanto #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/765-33891dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。