アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11月10日   ベトナム南部  ロンスエン~チャウドック路線バス移動

ロンスエンからチャウドックへの移動にあたり参考にしようと色々なサイトを
検索したもののこれと言った具体的な移動方法を紹介したページには行き着かなかった。
それだけツーリストにはマイナーな移動区間なんだろう

アジアの路線バスは、いいよね
朝ごはんを食べる間も無く乗車しても、所々から物売りが乗車して来るんだもん



2012


(Canon PowerShot S95)

そのなかでひとつだけ参考に成りそうなサイトを見つけたのだが、その人は短期で
渡航されている分、私と比べてお金の使い方が桁違いで短い距離の移動はタクシー

中近距離はエアコン完備のバスに限られてるようでコストパフォーマンスに旅を
している身には真似は出来ないがヒントの様な物を与えて貰えた。



2012



画像は別の日に登ったチャウドック郊外、信仰の山サム山からの眺め

悩まずに最初からバスターミナルへ向かえば簡単なんだが、まあ今回の移動距離は
せいぜい50キロ余りなので、国道で路線バスを捕まえれば良いと安易に行動した。

先にも紹介したがベトナム南部、メコンデルタに栄えたロンスエンはアンジャン省の省都で
メコン(後江)沿いにある、そこから伸びるチャウドックまでのルート

この辺りは戦火にほとんど遭わなかったようで、街の周りは肥沃なメコンデルタの
土地を生かしたきれいな田園風景が広がっておりました。



2012



画像は別の日に登ったチャウドック郊外、信仰の山サム山からの眺め

そんな訳で私がとった行動とはロンスエンの街道沿いのバス停で目的の方角へ
行くバスを捕まえたらベトナム語でチャウドックと書いた紙切れを見せて路線バスを
捕まえようと言う作戦だ、 まあこの歳でする事ではないよねww

10月は最も雨量の多い季節、特に今年はタイ同様に大荒れの天候で所々で冠水していた。



2012



画像は別の日に登ったチャウドック郊外、信仰の山サム山からの眺め

ただ二重価格のベトナムであるのがネックでバスターミナルなら料金は表示してあり
ボラれる心配も少ないが、路線バスは車掌との駆け引き、そんななかやり手の女性車掌が
示す30000ドン 110円を有無も言わせず支払らわされた。



2012



画像は別の日に登ったチャウドック郊外、信仰の山サム山からの眺め

9:45分に捕まえたバスは途中に何度もメコン川の支流を並行して走り
小さな集落を駆け抜けメコンデルタの生活を地元民の視線で楽しめ路線バスは
目的のチャウドックの市内にお昼前には無事に到着となった。

中央の道路の先、建物が連立してる辺がチャウドックの街である







関連記事


コメント
No title
ベトナムやインドのバスは使い勝手がいまいちですね
そこいくとタイのバスは便利だなぁ~(^^ゞ
[2011/11/12 23:19] URL | kimcafe #64owOXpE [ 編集 ]

kimcafe さんへ
今まで一番辛かったのはチェンナイからマドゥライへ向かうバスが
巡礼の日と重なり合い、全てのバスに乗車を断られ、仕方なしに

高速道路の料金所に止まるバスを一台づつ交渉し飛び乗り
座席が無いので床で一晩過ごしたのが大変でした。
[2011/11/13 12:17] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/797-d65417ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。