アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ南部 ハートヤイ ハジャイ 街並み 1

当時はハジャイで滞在しておきながらブログの更新を怠っていた。

街自体、絵になる様な所が少ないのも理由なんだが、過去何度も記事にしているが

私がタイで嵌ってるもののひとつでアンティークの小さな仏様のお守りで

プラクルアンと呼ばれている懐中仏の店が地方都市にしては比較的大規模なコンプレックスを作り

日々、コレクターで賑わっている。日がな一日、買うわけでも無いのにそこへ通い詰めている生活である

対策として、そろそろ次なる目的地への移動も考えだしているところだ



2012



通称、ハジャイのバイパス通りと呼ばれてる周辺にお守りの市が開かれている

ハジャイの駅前から線路と並行してバンコク側へ15分も歩けば見えてくる

バイパスと言うのはタイ国鉄を跨ぐように陸橋が通っていてそれがバイパスの意味である



2012



なんでもそうだが興味の無い人には理解しづらいかと思いますが

私の様にお守り収集の深みに嵌ると特別なものがあるんですよね

これが楽しみでタイに寄ってると言っても過言では決して有りません



2012



さてハジャイの街を歩いていて目立つのが、マレーシア・シンガポールからの観光客と
そう言った人達が利用するのか小さな旅行会社が街の至るところでしのぎを削っている姿である

勿論、白人も含め私の様なバジットトラベラーも多いに利用している。
なにゆえ私も以前に利用したのだが、その時は安いだけの値段に釣られ

ある旅行会社でチケットを買ったものの当日はその旅行会社のスタッフが
運転するバイクに乗せられバスターミナルへ送迎されたのち

指定されたバスへ乗ると言う明朗単純なもので
これなら自分で出来るがな~ってな感じだった。



2012



しかも当然ながら相手も商売なので手数料も取られているので高いと言う
失敗をしでかした苦い思い出が有るので、料金だけで旅行会社を決めるのは
どうかと思う

しかし例外も有り国境越えで目的地へ移動するとか西海岸の僻地の島に
移動するとかジョイントチケットの場合はスタッフが全てサポートしてくれるので楽な場合もある

少なくとも言えるのはハジャイからプーケット・バンコクなど、その他の大都市へ移動する場合は
自らバスターミナルへ出向き好みの予算、等級のバスへ乗車する事を勧める
因みに市内からバスターミナルまではトゥクトゥクで30バーツも出せば行ってくれる








関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/819-fb91c6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。