アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12月14日 マレーシア・コタバルからペナンへバス移動

(Canon PowerShot S95)


次なる目的地へ路線バスなどで移動に当り、いつもの習慣・ジンクスで

前もって目的地へ出発するバスターミナルへ出向くようにしている。



2011



それは場所の確認が一番の目的であり、そしてバスの出発時刻と料金の確認も

兼ねている。それは考えられる限りのトラブルに対処するためと言えば

旅慣れた人と思われがちですが… 実は、案外心配症なんですわww



2011



コタバル 9:30出発

バスターミナルまでは市内中心部から少し外れていてタクシー以外でのアプローチが

選択無しってのが不便と言うかコストパフォーマンスに欠けるコタバル長距離ターミナルである。



2011



運良くって言うかダブルデッカーの二階、一番前の眺めの良い席を確保したのは良いが

日差しが入り込むやらでエアコンの効きが悪い(逆に後部座席の皆さんは毛布を被っておられます)



2011



途中、小さな町を何度か通り抜けバタワーズを目指す。



2011



以前に乗り通したボルネオ島(マレーシア・サバ州)と違い車窓からの景観も楽しめた



2011



9:30に出発したバスは休憩もせづに延々と走り続け途中1:30にようやく昼食休憩になった



2011



山深い道路では見る限り過積載と思える大型トラックと何度もすれ違う



2011



やはり言わんこっちゃない... カーブの遠心力に耐え切れず横転している。



2011



本土バタワーズから橋を渡りペナン島へ

ここで旅のサポートですが、ジョージタウンの安宿街へ向かうにあたりバスで最終のペナンへ渡るより

バタワーズ側の港で下車してフェリーでペナンへ渡り徒歩でジョージタウンへ向かうのが正解ですね

バスは橋を渡りきってペナン島へ入った辺りから渋滞に捕まるし

なんたってペナン島のバスターミナルからコムタ(中心部)までバスで移動せねば成りません







次なる飛来地であるペナンは自分にとってお気に入りの越冬地のひとつである

理由は朝から飲茶屋で1時間以上もの時間を掛け中国茶と飲茶を堪能出来るので

最近の越冬は、のんびりいこうぜ、こんな渡り鳥生活が自分には理想であるからだ

こうやってだんだん世界が狭まって往くのだろうか?...

まぁ其の分あたらしい刺激...ってゆうか

そんな"場所"が見つかればいいのかも知れませんが。。。












関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/823-6a76579c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。