FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


11<<  2019.12 >>01
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージイン

ドゥマゲッティの空港に到着後、まっ先にやって来るのがここビンテージインと呼ばれる安宿である
最近は、ほぼ定宿に格上げされたと断言してもよいくらい利用しているかな

以前は別の安宿に泊まってたのですが もうひとつのドゥマゲッティでの定宿、OKペンション
何故ゆえに最近はこの安宿に向かうと言えば空港からチャーターでトライシクルを乗る事がなく
前の大通りまで歩き流しのトライを捕まえた時にチャンゲ(ビサヤ語で市場)と言うだけで通じ
この安宿、ビンテージインのほんのそばに横付けされ10ペソ20円で来れるのが理由のひとつでもある


2011


一階のフロントはエアコンが聞いてて涼しくWi-Fiの電波も強く一応、長椅子も置いてある
私が立って撮影してる場所がチャンゲ(市場)であり茶店が並んでる通りでもある。


2011


画像の二階や三階の共同スペースはエアコンが無く客室に設置されてるエアコン室外機からの
なま暖かい風が立ち込めて蒸し暑く共同スペースとしての利用価値は無い
ただミネラルウォーターの機械が置いてあるので何時でもCold・HOTの水が利用可能である


2011


二階に有る食堂(エアコンは効いてません)
昼時には近くの会社員も訪れてるようだが私は未だ一回も使った事はない
雨が降り続き外へ一歩も出れない時などは利用価値があるんだろうね


2011


ファン付きの部屋は300ペソ600円で基本は水シャワーである
TV・HOTシャワー付き部屋も少し値段は上がるが用意されている
3階からは隣のビルの壁も無くなり窓からは明るい日差しが入り込むのでお薦め


2011


エアコン・シングル部屋 トイレ・HOTシャワー完備 400ペソ 1200円
TV付きの部屋も少しの料金アップで選択可能である。


総合すると、値段も内容も申し分なく立地も街の中心で目の前が市場で動きやすい
現在欧米人のご年配がマンスリー契約で長期滞在してる姿も見かける

ただ残念な事で午前中の早い時間に到着するとほぼ空部屋が無い
私の場合は、荷物をフロントに預け前の市場のCafeで空くのを待つ場合が最近は多い








関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/837-f5a05003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY