アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャウドックの運河を小舟で渡り対岸へ 1

ここチャウドックの街は、運河に沿ってにぎやかな市場が広がっていて

数年前までは市場から運河に出ると、対岸に行くフェリー乗り場があったのだが現在は

ロンスエンの方向に少し戻ったところから発着しているフェリーを使う事になる



2012



そう言った訳で当日は市場から運河に出て声を掛けてくる小舟に乗って

対岸へ向かい、ぶら撮りを楽しんだ末に帰路はフェリーで戻って来る計画で出かけた。



2012



対岸へわずか10分も掛かるかどうかの距離なんだが、いったいいくら払えば良いのか検討がつかない

ボッタクリはびこるベトナムだけに余分な出費は後々、街の印象が悪くするだけだ

小心者の私はちゃっかりと先客のいる小舟に便乗し先客が支払う船賃を見届けるのであった



2012



プノンペン近郊でトンレサップ川と合流したメコン川は間もなく分岐してベトナムに入る

西側は後江(ハウザン),東側は前江(ティエンザン)と呼ばれる

まず対岸へ渡り目に止まったのは華人のお寺である



2012



続いて目に飛び込んで来たのは小舟を利用して建てられた家である
多分、移動する事はなく朽ち果てるまでここに鎮座しているのであろう

ほんのわずかなショートトリップでも実に楽しい時間が過ごせる
あてもなく気の向いたままカメラ片手に出掛けるのはいいもんだ



2012



チャウドックはハウザンに面しており,カンボジア国境までわずか10km足らずのところにある。

北から北東に流れるハウザンと北西からの運河が合流する地点に位置している。
ここにはベトナム人,クメール人,チャム人などが暮らしているが
顔立ちから民族を特定するのは難しい


自然の恵み(豊かな水と陽光)あるところ、人の暮らしあり

大河の流るるところ、つねに文明ありってとこだろうか



第二編へ続く.....









関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/845-d4eaf64c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。