アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バンコク チャイナタウン 駅前の安宿・商人宿

タイ中部のロッブリーからバンコクに戻り荷物の預けてある安宿へ向かったものの

あいにく午前中で客がチエックアウト前なのか空部屋がなく宿を移動することに

荷物を預けていたので気が引けたが、相手も心得たものかして嫌な顔ひとつもされなかった



2012



ここがロッブリーへ行くに際し荷物を無料で預かっておいてくれた

ホラッポーン中央駅前のステーションホテル

(Canon PowerShot S95)



2012



昔ながらの商人宿と言うか木賃宿

有名どころのガイドブックにも紹介されてるので日本人利用度も高い

なんともくつろげない木製の椅子が片隅に設置されている

(Canon PowerShot S95)



2012



カオサンなどのゲストハウスと比べ室内は昔からの作りのため天井が高く熱気が

篭もりにくいのがチャイナタウンの旅社の利点でもあるね

(Canon PowerShot S95)



2012



部屋のドアに埋め込まれてる外部者を確認できる覗きくちを利用して即席フィッシュアイレンズに

ちなみに部屋代だが、トイレ・水シャワー完備で

ファンルーム250バーツ 620円・エアコン450バーツ 1100円



2012



こちらの宿は同じく駅前近くの木賃宿、前項の宿が空いてなく移動してきたのだが.....

ここも有名どころのガイドブックに紹介されてるので日本人利用度は高い

(Canon PowerShot S95)



2012



レセプションには世界遺産に登録出来そうな趣があり

応対してくれる婆さんも典型的なお天気性格な華人である

(Canon PowerShot S95)



2012



部屋に通され、まず気になるのがトイレの異臭

一瞬、宿を変えようと脳裏を走ったが思い止めたのは天井が高く空気は篭らなそう

1泊だけなので再び重いバックを背たらい宿探しは.....

(Canon PowerShot S95)



2012



正直の感想は、対外安宿には慣れている、知り尽くしてる身であるが

そんな私にも馴染めん宿でした。部屋にコンセントが無くレセプションの

コンセントを使おうものなら50バーツ 125円 取られます(壁に添え書きしてあります)

華人の嫌な部分を全て持ち兼ねてるスタッフばかりです。

もう二度と泊まらないでしょうね

ちなみに宿代はファンルームのみで250バーツ 620円

ここなら絶対に駅前のステーションホテルないし台北旅社が正解です。







関連記事


コメント
No title
こんにちは
私もここに2回泊ったことあります
最初は20年位前です
その時もおんぼろでしたが、お客はけっこういたような・・・
3年ほど前にモノ好きで泊った時にはお化け屋敷みたいに感じました
値段はステーションホテルと変わらないですからね、コスパフォは悪いですよね
その後、昼飯でも食べようと(モノズキ)寄った時には、写真撮ったらえらい怒られたのでムッときて出てきてしまいました
[2012/06/23 18:56] URL | kimcafe #64owOXpE [ 編集 ]

kimcafe さんへ
さすがタイの師匠です。あの華人宿に二回も泊まられたとは
静かで良いんですがコンセントが部屋に無いのには困りました。

潮州華人の撮影はご法度のようでその昔、楽宮ホテルの2階に枯れた売店があって
そこを撮影したら同じようにたいそう怒られた思い出がありますww
[2012/06/24 09:59] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/853-80ba646f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。