アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年3月11日 インドネシア・スマトラ島・プラスタギ 野菜市場

今日は、あまり出歩かずに部屋で音楽を聞きながら

Facebookに書き込みをしたり、知人からのメールの返信が溜まっているので返事を書いたり

休息日と題しお茶でも沸かし部屋でのんびりしていた。



2012



そんな訳で今日の画像は前日に撮りためたものを貼り付けた。



2012



散歩がてらカメラをぶら下げ町外れを歩いていたら親切な地元のお父っさんが
左後方を指差し、この道を登れば丘に出て街並みが一望出来るよって教えてくれたので
田んぼの畦道を抜け石畳の階段を上がってみた。


現在、滞在中の標高1300メートルのプラスタギの街である。
日本の5月初旬の気候である。



2012



ここプラスタギには前回の項で画像を載せたシナブング山とそれを撮影する為に登った

シバヤッ山と言う2つの活火山が近くにある為に火山性土壌の高原となっているので

現在のブラスタギは高原野菜の大生産地となっているようだ



2012



2012



2012



青空市場の中を歩きま回ってみてここ数年、足げに通ったフィリピンの市場で見かける

貧弱な野菜とは大違いで高原野菜とも言える白菜・大根・レタスの立派なこと



2012



これなら仮に日本の料理を作るとしても十分に利用出来る品質だった。

フィリピンの名誉の為に付け加えるとバギオなどの高地に行けば野菜の質も向上するのですがね



2012




涼しい土地柄、歩きまわっても暑さで疲れることは無い
これだったら蒸し暑く喧騒のメダンに3日も滞在せずに、早々に来れば良かったと悔む


次回、スマトラに詣でた際は、クアラルンプールを早い便で経ち、メダンの空港から
タクシーでピナン・バリスのバスターミナルに向かいバスに乗ってプラスタギへ直行しよう!


そんな訳で取り分け何が有るって街ではないのだが沈没しちゃってます。










関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/868-bdfbc8e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。