アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年3月12日 スマトラ島・プラスタギ近郊・リンガ村

ガイドブックによるとプラスタギの町から15kmほど離れたところに

この地方の先住民カロ・バタッ人の古い伝統家屋が残されており

数少ない近郊の観光名所となっているとの事で訪ねてみました。



2012



2012



先住民カロ・バタッ人の姉妹

男女問わず布のマフラーの様なものを首に巻くのが特徴のようですね。



ゲストハウスの前の大通りからガイドブックに従い先ずはベモで20分位のところにある街
カバンジャヘ 3000Rp 30円、そこで、500メートルほど南の方角へ歩いて進み

リンガ村へ行くベモに乗り換えると書いていたので降りてから近くの人に
リンガへ行きたい胸を話すと前方の方角を示すので少し歩いてから念の為に



2012



違う男性に聞いてみるとやはり最初に聞いた人と同じ方角を言うので間違いないと

歩くものの一向にベモなど待機していないんですよね

またまた尋ねると今度は今、歩いて来た方向を示すではないの、いったいどっちやねん



2012



先住民カロ・バタッ人のお婆ちゃん

悩んでるとベモが止まったのでドライバーに聞くと
リンガ行のベモの停車してるところを通るので乗れと言うので連れて行ってもらい
なんとか今度は無事にリンガ行のベモに乗れた次第である。2000Rp 20円



2012



インドネシアも滞在するに連れてベモの走行距離イコール相場がだいたい身に付いて来たので

いくらかを聞かずに払うようにしている聞くとボって来る傾向が有る



2012



15分位でリンガ村に到着 2000Rp 20円、バスから降りると目ざとく男性がやってきて

インフォメーションセンターに連れて行かれその男性がお土産の笛で演奏をしたり



2012



村の歴史を話しそれが終わると彼は寄付台帳を広げ,名前とドネーションの金額を
記入しなさいと言う。これが本来の目的のようだ、因みに10000Rp前後100円位が相場であった


男性が演奏をした笛を買うと60000Rp 600円のドネーションに成る
買わないと機嫌が悪くなったww



2012



村の中を歩くが100年~200年前の歴史のある家屋はもういくらも残されていない
そのうちいくつかはすでに廃屋となっており,自然に任せ朽ち果てている


観光で訪れる人も少なそうだし、文化保護・維持のための予算など
組まれていないだろうし衰退して行くのは免れないと感じた。



2012



ドネーションをしたので男性の手したが母屋の内部を見せてくれた
仕切りはないが各家族毎の囲炉裏やスペースは決まっている。


そこで煮炊きをするようになっていて、この周囲が基本的な生活空間となっており
炊事,食事,家族の団らんの場なんだろう、そのまわりに布団を敷いて寝るのだろうか
この家に8人でなく、8世帯が生活していると説明していた。



2012



内部は電気が通っておらず、明かりがないので写真のように薄暗いです。

因みに撮影した Nikon 1 V1 はフラッシュは付いてません。

帰りは茶店で休憩しもって、のんびりと来た方法の逆で宿まで戻った。








関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/869-9f119579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。