アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年3月27日 マニンジャウ湖  バユール地区  1

現在、滞在しているマニンジャウ湖はブキティンギの西36kmほどのところにある
カルデラ湖である。トバ湖に続いてまたもや湖に滞在と、よほどの湖フェチと思われそうだが
西スマトラ州を旅するうえに外せないプレイスらしい



2012




大きな地図で見る



と言うもののこの時期はヨーロピアンツーリストの姿も、ほとんど見かけることは無い
まして極東アジア勢は、わし一人である。
やはり大方のツーリストは、トバ湖へ流れてるようだ



2012



580円の安コテージの前はマニンジャウ湖、鳥の声と漁師の掛け声で目が覚め

顔も洗わずカメラを持ち出し少しだけの散歩の日々であった。



2012



熱帯とはいえさすがは標高500mであるだけに早朝は少し寒さを感じる
ここでの生活はマニンジャウ湖を眺めることから一日が始まる。


バユール・ビーチInn の前は早朝から漁師が網を刺し漁をしていた。
部屋のテラスから毎朝、見る景色だ。




2012



フィッシュファーム (生簀) が有るだけに生憎、水は濁っているが

午前中は、多少なり澄んでるようで元気な子供達はマンデイ(水浴び)代わりに

元気に湖で泳いでいた。



2012



見ていても対して漁も無いようなんだが時たま生簀から逃げ出した

大き目の魚が引っ掛かっていた。

ここで取れるのは、ニラと呼ばれている魚の種類である。



2012



漁師はいろいろな手法で漁をしているようだ

早朝は大抵、凪いでいるがひとたび山から風が吹き出すと波が達だし

海の波は打ち寄せる周期が長いが、湖の波は周期が短く雨の音とよく似ている。



2012



撮影が終わると唯一、ブレックファーストだけは提供されているので

宿に併設されたレストランで頂くのだが

オムレツが60円、トースト&スクランブルエッグが60円、コーヒーが40円

笑っちゃう、インドネシア・ローカル価格である。









関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/878-8abde4c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。