アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年3月29日 マニンジャウ湖  バユール地区  2

マンニンジャウ湖  バユール村の湖畔にある、ビーチInn ホームステイ
滞在は既に4日目だが、今のところ私以外の宿泊者はいない状態が続いている



2012




大きな地図で見る



誰もいないので宿のレストラン件、くつろぎスペースを占領出来るのは良いのだがゲストが
いない分、食料のストックが無いので食事の注文が出来ないのが不便といゃあ不便である。



2012



ここのコテージの前は湖、後ろは水田、幹線道路から奥まっているので
聞こえるのは水田の横を流れる小川と湖を通り抜ける風くらいで


たまに漁師の掛け声がこだまするくらいの環境である。
チト寂しいと言ゃさみしい…



2012



ここでは、これと言ったアクティビティーが無いのはトバ湖と同様で

私のように趣味がカメラの人間は湖畔を歩き水田の畦道をうろうろして

被写体探しの散歩が出来るので良い、お陰で数人の漁師とも顔見知りになった



2012



湖畔を一周している幹線道路は変化に飛んでジャラン・ジャラン(散歩)には
最適なんだが、駆け抜ける車やバイクがクレージーなくらい飛ばしていて


おまけに車幅もそれほど広く無いので正直、危険この上ない
実際、歩いてる人間など皆無…



2012




無理な話だが、トバ湖にしろ湖畔の道路がもっと整備され歩行者や自転車が安全に
出歩けるようにすれば、どれだけ滞在が充実されるものかと思うと残念でしかたない


マニンジャウの湖畔はアップダウンも少ないのでバイクなど借りなくても
自転車で走れるので行動範囲が広がるんだがね



2012



ひと通りの散歩コースを歩き終えた頃は昼前なんだが宿に戻っても
レストランは開店休業なんで湖畔の道路からベモで2000Rp 20円に乗り


ブキティンギからの道路とマニンジャウ湖の周回道路が交差するところに
商店や露店の市場があるマニンジャウの中心部があり、そこで昼食を取る



2012



食べ終わると、インドネシアに滞在してるぞってな雰囲気が伝わる
被写体を探し、数カットカメラに収め再び宿へ戻るってな日々かな
その辺りの模様は次回にでも報告しますね

そろそろ雑踏も少し恋しく成って来たのは都会暮らしが長い悲しい性やねww







関連記事


コメント
こんばんは…
どの写真もステキですね~感動が伝わります。
[2012/03/30 23:49] URL | kenji #tHX44QXM [ 編集 ]

Kenji さんへ
どうも有難う御座います。
撮影拒否や露骨に嫌がられたりと苦労も有るのですが
嬉しいお言葉を頂き、報われます。
これからも宜しくお願いします。
[2012/04/03 22:54] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/879-5b35a866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。