アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年4月4日  高原のブキティンギから低地のパダンへ

ブキティンギを後に蒸し暑いパダンヘ向かうのだが暫く高原で快適な生活を送っていただけに
順応するまではと覚悟を決める。しかし此れから先は本来の暑い中での越冬に戻るわけだ。

出発当日は、宿からベモでバスターミナルへ行くもののパダン行きの乗り合いバンは
バスターミナル内には止まっておらず、近くの路上で客待ちをしていた。



2012



ドライバーに前もってパダンへ行く胸を伝えとくべきだった…
パダン行は乗用車タイプのワゴンとトラック改造のミニバスと二種類ある。
いずれも座席が全て埋まったら出発の毎度のスタイル、距離はしれていて90キロの移動である



2012



ブキティンギの標高930mから10mのパダンへ下るのだが、最初は平地を走り緩やかな
下りに差し掛かり最後は一気に下る。低地に下りて車内は一気にむせかえる暑さだ。

2時間チョイで到着したものの市内から離れておりコストパフォーマンスなベモを
探して向かおうとするが、聞くとタクシーかオジェ(バイクタクシー)で向かえと言う

絶対にベモが通ってるはずと暫く待ち続け、少々不安な返事をするドライバーの
ベモに乗り市内へ向かうが他の乗客が全て降りて、私ひとりだけを乗せ指定した



2012



安宿へ向かい送り届けてくれたものの通常の2000Rp20円を最後は一人価格なのか
15000Rp150円と法外な価格を言ってくる始末だ、普通なら通常の料金だけを置いて

立ち去るところなんだが指定したホテルの近くまで乗せてくれたので5000Rp 50円を
渡し立ち去ろうとしたが激しく文句を言うので、それならばと無視して宿へ向かったが
それ以上は追い掛けても来ず文句も言ってこなかった。

きっちりしておかねば、あとあとの日本人ツーリストがなめられたらダメなんでネ!



2012


さて宿はガイドブックにオススメと出ていたベンヤミンホテル

画像は帰国後として料金であるがガイドブックには55000Rp 550円であるが

大幅に値上げされていて100000Rp 1000円と成っていた。



2012



さて宿に荷物を置いて町の土地勘を養うためにいつものように歩き出すのだが

とにかく暑い、高地から降りて来て直ぐなので分からない事もないのであるが

途中で中断し宿へ戻ろうかとも考えたくらいだ

正直、エアコン部屋をチョイスしていたら間違いなしに戻っていただろうな




2012



行き着いたところってか市場が目に付いたので蒸し暑いのを覚悟で入ってみた。

ここパダン市内の市場は食器などの日用品に加え鮮魚・乾物も同じブースのため

暑さとのコラボで相当な悪臭が漂っていて凄いことになっていた。



2012



辛い事で知られる、ミナンカバウ族の料理は、領域の中心であり最大都市の

名をとって一般的にパダン料理と呼ばれる。パダン料理レストランは

インドネシア国内のいたる所で一般的であり、辛い味付けとそれらを

配膳するユニークな方法により有名である。



2012



そのユニークな配膳とは、スパイシーなソースのサンバルなど、非常によく味付けされた

料理が何十枚もの小さい皿ですぐに配膳されテーブルが満たされる。

客は、ずらりと並んだそれらの料理の中から欲しいものを食べてその分の代価を払う。

最近では衛生面の問題からかそういった昔ながらの配膳をやめたレストランもある


イスラム教には「喜捨」という考え方がある

裕福な人間は貧しい人に恵みを与えて当たり前

そして感謝するのは与えられた方ではなく与えた方なのです


「良いことをする機会を与えてくれたあなたに感謝します」

ということなんだろうね



2012



旅をしていてインドネシアの物乞いの多さには驚かされる

ただ大人しくじーっと見つめて待っている人

ギターが主なんだがいろいろな楽器で音楽を演奏する人

街なかで至るところに物乞いが暮らしてこれからの旅で数知れない喜捨の場と出会うことになる。






関連記事


コメント
北上ですか?
北上ですか? それとも船でマレーシアですか?
[2012/04/07 21:04] URL | 丸 #- [ 編集 ]


べモ運ちゃんとのやりとりはさすが
ですね。ww
10mm2.8 の写真抜け良くキレイに撮れていますね。
構図はいつ見ても参考になります。
道中気をつけて楽しんでくださいね。
[2012/04/08 05:03] URL | ta@too hero #TY.N/4k. [ 編集 ]

安心しました
どうされていたかなと心配してました。
お元気のようで安心しました。
パダンは暑そうですね。
[2012/04/08 14:57] URL | anami #8rosKnU6 [ 編集 ]

ta@too heroさんへ
インドネシアもベトナム同様に目には目を… ですね
アジアでは被写体の方が一枚上手で、写す側は被写体にもて遊ばれてる感じですわ
カトリックと違ってイスラム圏は、シャイな子が多いですね
[2012/04/11 11:25] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

丸さんへ
南下ですね、でも現在はジャカルタなんで東に舵を取ってます。
インドネシアの物価に慣らされた身なのでマレーシアは考えておりません。
[2012/04/11 11:26] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

anami さんへ
有難う御座います。
記事をご覧のように耐久バスに乗ってましたww

パダンは、もうこりごりです。
[2012/04/11 11:29] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/882-cb4b76a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。