アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年4月7日  ジャカルタ・コタ駅  線路際 住宅密集地1

2012年4月7日 


昨日に市内のジャカルタ・旧バタヴィア市庁舎へ訪れた時と同様に滞在している安宿街の

ジャラン・ジャクサに一番近いGondangdia 駅から電車に乗り散歩がてら撮影に出かけた。

JRで200円くらいの距離が、ここでは10円なんですよね



2012



2012



前途したがジャカルタ・コタ駅に着く寸前に進行方向右側に一見、スラム?ぽい

小さな住宅が密集した地区が目に止まり、そこを目標に定め歩き出した。



2012



2012



2012



ジャカルタ・コタ駅の中央出口とも呼ぶのだろうか、バジャイ(三輪車タクシー)
バイクタクシーの運転手が集まっている所から外へ出て、すぐ右手に青空駐車場が

有るので、その敷地を通り抜け屋台ワルンが集まってる所からモスクの前を通ると
景色が一変する。   って言うか路地に入るのを一瞬ためらわせるオーラが



2012



細い迷路のような路地を感に任せ右や左に曲がりくねり

風に乗ってドブ川の匂いとウエットな空気がまとわりつく

どんどん進むと突然、前方が開けたと思うと線路に出た。



2012



2012



暫く線路際を歩き、そこから再び迷路のような路地の入り口が

無数有るので感に任せ進む、明るい所からいきなり暗い路地へと

目が慣れるまで足元が見えないような路地も多数ある。

おまけにニワトリやネコが足元に寝転がってるしね



2012



ここってスラム? 密集した住宅の中は洗濯物の匂いと、炊事の煮炊きの匂いが鼻につく
時折、腐敗臭のような匂いも風に乗ってやって来るのにはまいった

ジャカルタの路地は私にとってはテーマパークだ
路地が好きでたまらない人は一度、来ることだ



2012



2012



アジアの路地は歩き倒しているがジャカルタの路地の足元にも及ばない
路地は何処の街にも有るがスラム化した路地を薦める

ここの住民は総体的にフレンドリーなんだが
カメラをぶら下げた珍客に怒りの表情をした住民も少なからず要る



2012



ただ子供達の笑顔だけが恐怖心を取り除いてくれる唯一の材料だ
時折、住民から質問が… デリバナ? 何処から来たの?

植民地時代を知らない世代の住民なんだが日本と言うべきなのか
このような地区だけに、答えるのに迷う自分があった。







関連記事


コメント
はじめまして
色々なところを見ているうちにこちらにたどり着きました

初めはフィリピンの日記を読み、懐かしいなーと想いながら・・・

でも段々とあの時の感情が色々とよみがえり
複雑な気持ちになりました。

この写真の数々に胸をうたれ
ものすごくいろんな事が頭の中で
ぐるぐる・・・・何とも表現しにくい感情です

日本人だという事を即座に言えなかった気持ち
お察しいたします・・・

私はこのような裏路地は行った事がありませんが
やっぱり怖いなって思っちゃうと思います

こうしてお写真を見せていただきありがとございました

また遊びに来ます♪

たくさんの土地へいかれているのですね

私はアジアは少なくアメリカやヨーロッパ、オーストラリアの土地が多いので、日記で色々見せてもらいたいと思いました。
[2012/04/13 20:35] URL | chiffon #- [ 編集 ]

飯でも
Rita Riyantoです。

灼熱のミャンマーから根城のジャカルタに戻り、
久しぶりに本ブログを開いてみたら、なんとインド
ネシアに来られているではないですか。

当方、ジャカルタ在住の、暇を持て余している
オヤジです。
インドネシア33州の内、30州を訪問済みです。
少しなら、地方の情報を持っています。

まだ、ジャカルタにおられるのでしたら、一緒に
飯でもどうですか?
[2012/04/14 00:46] URL | Rita Riyanto #xS6twKdM [ 編集 ]

ボゴール
ボゴールにはいきましたか?
[2012/04/14 04:14] URL | 丸 #- [ 編集 ]

chiffon さんへ
こんにちは
現在は隠居?のような身なのでお金の掛から無いアジアが多いですね
運動不足解消を兼ねての街ブラ歩きが趣味のようなものでして
魑魅魍魎とした路地裏が何よりも大好きです。

よって、観光名所にはあまり出向か無いので
渡航中も、ひとり行動が多いですね… 外こもり親父ですかね(笑)
引き続き宜しくお願いします。
[2012/04/14 13:38] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

Rita Riyanto さんへ
こんにちは、ビルマは灼熱でしたか
ジャカルタの夜は、まだ過ごし易いですよね

いゃあ、なかなかライブブログとはいかず
11日にジャカルタをたち、蒸し暑いチルボンで一泊
12日にジョグジャカルタからプランバナンで二泊し
本日14日にソロに到着し、現在はマクドナルドでWi-Fi って塩梅です。

私も夜は暇してたので残念でした。
ジャラン・ジャクサの路地にビンタンを1本、24000で提供してる
食堂があり連日連夜、通ってました。
[2012/04/14 13:47] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

丸さんへ
ボゴールへ行く予定にしてたのですが
連日のコタ駅、線路際のスラム?通いでした。

その後、行き先を間違えチルボンって蒸し暑い街に行ったりで散々でした。
[2012/04/14 13:52] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

またどうぞ
Rita Riyantoです。

ミャンマーの昼間の最高気温は体温を超え、とても
出歩けたものではありません。
夕方になり、気温が少しは落ちてから、ようやく街歩き
ができた次第です。
それに比べれば、ジャカルタは天国です。

既にジャカルタを去られたとの事、残念でした。
帰りのフライトは、DPS-BKK-KIX あたりでしょうか?
次回ジャカルタにお越しの際は、メールを頂けますと、
どこなりとご案内致します。
[2012/04/14 15:26] URL | Rita Riyanto #xS6twKdM [ 編集 ]

>Rita Riyanto さんへ
どうもご親切に有難う御座います。
なんだか会えなかったのがすごく残念です。
でもジャカルタは気に入りましたので是非 Come Agein します。

ミャンマー そんなに暑いのですか
観光どころじゃないですね

私は現在、赤道直下で凍えています。
って言いますのもプロモ山で滞在中です。
先ほどは蒔きで暖をとってるワルンでナシゴレンでしたww
[2012/04/17 21:16] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/885-5f2d97db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。