アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年4月8日  ジャカルタ・コタ駅  線路際 住宅密集地2日目

2012年4月8日  

前回の続きで下町・路地裏放浪記シリーズってか、いいね!いいね!何度訪れても

滞在している安宿街からジャカルタ・コタ駅に向かってる途中に進行方向右手の

車窓から見えた線路際の日本人から見れば失礼ながらスラム?ってな雰囲気漂う住宅街である。



2012



地方から出てきた貧困層の住むところ(スラム)は、川や線路沿い、高圧線や

高架橋の下にあり、そこに住んでいる住民は移動式屋台の人夫や

薬草売り、香具師、サルまわし、ベモなどの低所得者、地方からの出稼ぎ者が多い



2012



異邦人が土足で入り込んで撮影してるようなものなんで不安材料は多いのだが

イスラム圏だけに酒の酔いにまかせ、絡んで来る者が少ないのだけは助かる



2012



フィリピン・マニラの下町も同じような集合住宅地と言いますか
バランガイってな呼び方をしていますが、同じような空気が流れてるんですよね

このような場所へ参りますと最初の一歩。。カバンからカメラを取り出す行為ですよね。。。
しかも見てくれから高級そうなカメラ&ながーいズームレンズなどなど
ようはタイミングなんですが多少の緊迫感が鼓動を走るんですよね



2012



その行為と言いますかカメラを取り出す勇気+タイミングを見失うともうお仕舞い

車で言うところのエンジンがを維持する事もなく回転が落ちて行ってそのまま止まってしまう。

今も昔もこの辺は歳をとっても変わりませんね。絶対に戦場カメラマンにはなれんわww



2_20121012065606.jpg



子供は元気に外で遊ぶ

わしが幼少の頃もそうだったな~



2012


2012



午前中に30℃を優に越えて来てますゆえ

Tシャツ/半パンにスニーカー履き...ってイデタチ。

サンダル履きが普段着なんですが、なにゆえ足元が少々、悪い集落でして。



2012



だけど…   何も言ってないのに、日本人ってわかるんでしょうね

日本の製品、その他、いろいろと褒められるんですが

それって、こと有る毎に耳には致しますが、やはり自分の国の事を

褒められると素直に嬉しいものでありますね(^ー^)♪







関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/886-47028ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。