アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年4月17日 プロモ山 プナン・ジャカン山のビューポインから日の出

2012年4月17日

下記のMapから説明するとプロモ山周辺のご来光を拝もうと前日の16日にプロボリンコへ到着

プロボリンコからプロモ山、ベースキャンプになるチェモロ・ラワン村へ移動



2012



到着日は日もどっぷりと暮れていたので宛てがわれた宿で仮眠し

早朝の3:30分に予約してあったジープが4:00に宿へ迎えに来て

数名のゲストを載せて登山口へと出発である。



2012



東の空がオレンジ色に染まる

上空にはまだ月が。。。


プロモ山を望んだのはプナン・ジャカン山のビューポイント 2770メートルからである。

画像はそのビューポイントからの撮影である。



2012



途中までジープでアプローチ、そこから降りての楽ちんトレッキングなはずなんだが

ビューポイントまでの登りの道中は予想以上に早朝の冷え込みのため、息が切れる

欧州組のご年配は馬を雇われビューポイント手前まで来られる姿も見られた。



2012



日が昇るにつれ視界には雲海が見え始めた

昨夜は夜間の晴天による放射冷却など条件が重なり合い見事なまでの雲海である。



2012


火口原を満たした雲海はあふれチェモロ・ラワン村へと押し流れていく


2012



三脚が有れば長時間露出で、もっと納得の画像が撮れたのだが

いくら写真ブログでも長期の旅では荷物が限られそこまで手がまわらないのが現状だわね



2012



本来は日本の寒さから逃れ放浪している身であるだけに

本格的な防寒対策など皆無のまま、着の身着のままだったので

バックパックから着れる服を全て身にまとい着ぐるみの装束

思い出深い一コマとなった、





関連記事


コメント

昨日は天六のアーケード街歩いて天満迄。
今日は鶴橋から大阪城迄歩いています。
外国来たみたいですね。
楽しんでいます。
[2012/04/23 13:38] URL | ta@too hiro #sq4QJOk. [ 編集 ]

ta@too hiro さんへ
猪飼野コリアンタウンから鶴橋へ抜けるルートは釜山そのもの
ジャンジャン横丁から飛田新地へ抜ける枯れた商店街はデビソリアそのもの
鶴見橋商店街から渡し船で大正駅へ抜けるコースもオススメです。
[2012/04/23 22:05] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


天六から天満迄は天満駅の一部周辺が
結構エグいふいんきで絵になりましたね。w
カタカナで「サンパツ」って看板は
東京では無いって言うか、
床屋を散髪とはあまり言いませんから
新鮮でした。
あと、
「下品なほどダシがきいているっ?」
っていう、うどん屋の看板が
印象的でした。w
[2012/04/24 00:10] URL | ta@too hiro #sq4QJOk. [ 編集 ]

ta@too hiro さんへ
天満駅周辺の路地は香港ぽいとこがあるよね
あの辺りは安くてネタの良い寿司屋が集まってる所です。
こちらはサヌールビーチで日々まったりと過ごしています。
[2012/04/28 21:22] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/891-7c87864f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。