アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年4月16~17日  プロモ山  VOL 3


プロモ山登り最終日 VOL 3 である。

やはりと言うか、ご来光を拝みに来る人種はヨーロピアンが一番多く
ついで若いインドネシア人の観光客であった。

ヨーロピアンの観光客は前日にプロボリンコからチェモロ ラワンへ到着後
仮眠をしプロモ山へ登ってご来光を拝み、大多数はその日のうちに下山する。



2012




今回、私は滞在したチェモロ ラワンが気に入り、翌日に高原の風景を撮りたく
宿の親父に宿代を直接交渉の末、大幅にディスカウントをして貰えたので

もう一泊する事にし、慌ただしく荷物をまとめ下山して行くヨーロピアンを
横目にベランダから高原の風景を眺めつつコーヒーを沸かして飲んでいた。



2012



この風景は気温が上がり,雲海が消えたときのものである。

VOL 1 では溢れ出る雲海の画像と同じとは思えない景観である。



2012



プロモ、山頂に着いてまず観るのがこれ、噴火口、活火山なので

煙が立ち上って辺りいったいに硫黄の臭いが漂っていた。

すり鉢の角度は45度を越えており,足を滑らすと底まで転げ落ちることになる。



2012



プロモ山 火口壁での日光浴
山頂なのに全く風がなく、ほとんど寒さを感じない

暫く旅は"都会"の方へ向きがちでしたが、こういう風情を
真のあたりに致しますと、心が誘(いざな)われますね~



2012



三蔵法師でもいらっしゃる様な景観が延々と続く



2012



今回、ブロモ山との出会いや大自然をカメラに納められ来た甲斐があった。

それにチェモロ・ラワン村を散歩中にお世話になったテングル人

心から感謝しながら、今回の旅を締めくくり、あくる日はプロボリンコへ下山し

目的地のバリ島を目指しジャワ島の最東端・バニュアンギへと向かった。








関連記事


コメント
はじめまして
この間ひょんなことからこのブログを見つけまして
一目で大ファンになってしまいました。

長い事色々記事を読ませていただきまして
どこの国まで読んだのか。。確かインドだったかな

海岸で夕陽を眺める女性の写真があったのですが
それがもう美しくて・・・

まだまだ沢山読みたい記事ばかりで・・

本当に記事も写真も素敵なものばっかりですね
また遊びに来ます♪

[2012/04/26 07:58] URL | chiffon #- [ 編集 ]

すり鉢の角度は45度を越えており,足を滑らすと底まで転げ落ちることになる。
>>すり鉢の角度は45度を越えており,足を滑らすと底まで転げ落ちることになる。

結構事故死があるのでしょうかね?
[2012/04/26 22:58] URL | 丸 #- [ 編集 ]

Re: はじめまして
有難う御座います。
引き続き宜しく願います。
[2012/04/28 21:25] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

丸さんへ
壺まで滑り落ちる前に止まりそうだけど
大やけどは覚悟でしょうね
[2012/04/28 21:28] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/893-e35e1e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。