アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年4月19日  ギリマヌックからミニバスで、サヌールビーチへ移動


サヌールビーチ VOL 1

越冬ブログはリアルタイムといかず遅れ気味で既に現在はバリ島

サヌールビーチに滞在10日目、朝からビーチに通い詰めた結果

日焼けを通り越して焦げてるの方が言い得てる状態で、地元の兄ちゃんからは

あなた、すっかりバリ人ネ!って言われてますww



2012



グッバイ… ジャワ島

クタパンの港にほど近い貧民宿で一泊したのち、ジャワ島の東端から
幅3mのバリ海峡を隔ててバリ島の西の果て、ギリマヌックに到着である

港にほど近い路上で呼び込みをしていたミニバスでデンパサールにある
ウブンバスターミナルへ 25000Rp 250円で向かった。



2012



例によってミニバスは、乗客がある程度集まらないと出発しない

東南アジアスタイルであるが幸い待ち時間も少なく8:00 出発となった。



2012



旅も長くなると、バスは目的地に何時に着くんだろうとか細かい事は

気にならなくなり、あらかじめ目を通していた地図でだいたいの

到着時刻を予想するのも面白いもので ( たいていハズレるんですがねww)



2012



ギリマヌックから乗ったミニバスも予想を1時間上回る4時間かかり

デンパサールのウブンバスターミナルに到着した。



2012



バスターミナルからサヌール地区へ移動にあたりコストパフォーマンスな
ベモを使おうと思うのだが、バリ島って所はインドネシア随一の

観光地であるがゆえなのか、そう言った観光地へ向かう安価で乗れる
ベモが走ってないんですよね、まるでヒンドゥーの神が貧乏くさい事を
言わずにタクシーで参れと言ってるようである。



2012



一応、バリ島は (デンパサールを中心とした所だけかな?)
タクシーはメーター制なんで使いやすいらしいけどね

でもね今まで何時間もの距離を走ったバスの料金と比べ、タクシーを使うと
わずかの移動なのに、数倍も高いのが貧乏性のゆえ納得がいかんのですよ

ウブンバスターミナルからサヌール地区までの所要時間は
だいたい30分くらいかな (渋滞も考慮してね)



2012



ちなみに恥を承知にサヌールまでのアプローチは

タクシー 75000Rp 750円 (遠回りされると+α
ベモを貸し切る (通称スペシャル) 80000Rp 800円
都会では危険な、オジェ (バイクタクシー) 30000Rp 300円

選択したのは…




2012



危険回避をお金で買う教訓を見ごとに無視してオジェ (バイタク) 300円
背中に120リットルのバック、肩にはデジイチ二台に重たいレンズ

それにiPadが入った Nikonのカメラバックを背たらい
一応は、大人のリゾート地と呼ばれる今回の画像のサヌールビーチへ向かった。



2012



300円のバイタク兄ちゃんは、後部座席の120リットル+Nikonバックで完全武装の

私を忘れ、荷物で車幅が広がってるのに、すり抜けで交差点の一番前に出ると言う

東南アジアの法則を見事に披露してくれる頼もしい兄ちゃんであったww



2012



あらかじめ越冬仲間のホームステイ先の住所を見せておいたのだが
流石に小回りの効くバイタクである

狭い路地を通り抜けてキッチリと宅急便のように家まで送り届けてくれたのでした。
最後に5万ルピーを支払うとお釣りが無いと言うアジアの法則も忘れていなかったww



2012



リゾート画像と文章は関係ありません。

あまりにも貧乏くさい本文で申し訳ないww


『それって楽しい?』...と問われれば、

『 not so bad 』...と答えときましょう♪






関連記事


コメント
いいな。サヌール。
サヌールいいですね。

バリの主な町の中で喧し過ぎず寂し過ぎず、それでもって、ニュータウンでもなく、廃れてもいないような。
適度にオシャレで若い子ばっかが集まる町でなく、落ち着きますね。
私も行けば、サヌールです。  と言っても1回だけなんですが。haha。

それはそうと、120リットルのバックって??
もしやそれに荷物一杯、、だったりして?

どんだけでかいんやろ。
嘘~~!でしょう?  ^o^
[2012/04/29 16:01] URL | levin #- [ 編集 ]

levin さんへ
昔を知るものにはバリ島の変貌はもはやチープに楽しめるものではないと
訪れるたびに感じてはいたのですが今回、一般家庭でホームステイをして
昔と変わらない信仰心、観光客の視点から見えなかった一面、感動深いものでした。

120リットルは本当ですよ
親バックが100リットルに取り外し可能の子亀ディバックが20リットルが付いてます。
スーツケースのように形が出来上がった物ではないので
満タンにしなければ欧米人が背負ってる大きめのバックと変わりません
[2012/05/01 19:55] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/895-69b74ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。