アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2017.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年5月4日  タオ島  ジンベイ・ダイブ

2012年5月4日 

さて予定通りに島へ着いたものの、いつもならじっくりとベースキャンプ(島での安宿)

探しなんだけどジンベエザメが出てるって聞かされてからは年甲斐にもなく落ち着かない。



2012



ビーチを見ながらのんびりビールなんぞ味わってるあいだに

遥か彼方へ旅立って(泳いで)行かれたらなんのために弾丸トラベラーで島へ参ったか意味がない

それならと宿は無料送迎で着いたバンズダイビングリゾートに投宿



2012



それにしてもこの島の発展ぶりと言うのか高級志向と言うか

目まぐるしく変わって言ってるのが肌で感じる

あのコテージも、ひと昔前はネイティブな掘っ立て小屋いえいえバンガローだったんだがな



2012



もうコスパな旅を続けてる貧乏旅行者(長期滞在者)は次なる島を探す時代がやった来たのかな

リッチな欧米人が好む島に様変わりしていってるのが島のバンガローひとつとっても解るね



2012



観光でなりたってるタイなんだから仕方ないね

まぁ 雰囲気・雰囲気!と言います事で満足・満足です


さてさて幸運にも初日のダイビングで当たる (^-^)/



2012



ジンベイザメの当たり年と聞いてたもののボート出航の時には船長からも
一切の情報が無く、ブリーフィングでガイドが申すにはここ数日は

遭遇率の一番高い外洋にある隠根のチュンポンピナクルからもジンベエ情報は
無いのだが、でも何となく今日ぐらいがビンゴな日だよと期待を持たせて
くれるのは嬉しいんだがその分、出なかった時の落胆は大きいんだよね







ガイドの感と運を天に任せ船首右舷からバックロールでエントリー
潜行して5分、水中に響き渡るけたたましいタンク音

もぅこれはジンベエの出現に違いないと、キョロキョロしてると
悠々と現れるジンベエザメ…
ゆ~~~ったりとコバンザメやコビアを引き連れて登場した。



ダイバーの近くまで来てくれたり比較的浅めの深度を泳いでくれるサービス精神の個体でピナクルの周りをグルグル泳ぎ回り、1本ずっとジンベエダイブ

二本目は島からほど近いホワイトロックで潜る予定を、そのまま2本目も
ゲストの満場一致で、チュンポンピナクルで居座ってジンベエ狙いのダイブ









2本目もジンベエが出る事を期待するものの30分以上ピナクル周辺を流すが
現れず、後半に差し掛かってもジンベエが出る様子もなく、窒素も溜まったので
安全停止をしようとした時に幸運にも後ろから現れた。

エアーはまだあったのでジンベエダイブを続ける事に
浅場・深場の潜行を繰り返すジンベイザメ
60分以上潜り内緒だけどエアーの残は、ほぼゼロに近かったです (^_^;)

だってジンベイは泡が大好きって事なんでいつもの倍はブレスしていたんでね









2本目のダイビングでは、もう遠くにいっちまっただろうと諦めていたが
再びジンベイザメに会えてヨーロピアンの連中は嬉しくて水中で飛び跳ねてたけど

僕は遠目から軽く拳をこっそり握り締めたのみ
(野茂がMLBで初のノーヒット・ノーランを達成した時のようにね(爆))

きっと今日、当たった連中達は、きっと心の中で
「ジンベイザメって意外と簡単に見れるんだ」と心の中で呟いたに違いないなww







暫く忘れかけてた 悦楽の水中での時間でした。

ロケーション/タオ島
天候/晴れ
水温/30℃ 
風/少し
流れ/少し
透明度上/25m 
透明度下/15m

今日のピナクルはサーモクライン以外の場所はスコーンと抜けていた。
水中画像の提供はガイドのBIG BLUE YUTAKA 


クリックすると現地で使ったサービスとガイドの当日のブログが見れます。










関連記事


コメント

大当たりやないですか!
フィリピン ドンソルはジンベイの数は多いけど、透明度がね...w
私はコタオでは一回も遭遇したことはないですね。
スービックにいます。エアアジアでダバオに飛んで北上予定。
[2012/05/08 19:44] URL | ta@too hiro #sq4QJOk. [ 編集 ]

ta@too hiro さんへ
通算三回目、念願がかないましたわ
だけど改めて情報社会の大事さが身に染みました。
ネットでググッて無ければ弾丸トラベラーなんてしてないとこですもの
[2012/05/08 22:25] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


お世話になっています。
マッサージ屋さんの件、ありがとうございました
・・・サメですか、、、すごいな。
私なら心臓バクバクもんで息すんの忘れそうです。
シュノーケルなら、持っているんですがね。
そんなんじゃ無理でしょうから、まずはベットでダイビング練習しておいてから、頑張ります。
すいません、冗談言って。
そろそろフィリピンへ出発します。着いたら深夜なんでターミナル3で寝そべる予定です。
[2012/05/09 17:21] URL | levin #Wa8vY8KE [ 編集 ]

levin さんへ
曲がりなりにもダイバーの端くれジンベイザメは憧れでしたからね
図体はでかくても餌はプランクトンしか食べないので大人しく
目が小さくて可愛いんですよ

フィリピンではベッドダイビングはインポッシブルですよ
これが有るか無しでは天と地の…ww

T3 乗り継ぎ便は結構早くからチェックインが可能ですよ!
[2012/05/10 18:31] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/899-145ecc52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。