アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年5月12日  タオ島から対岸の本土  チュンポンへ


タオ島を後に対岸のタイ本土にある地方都市、チュンポンへと移動である。

フェリーの到着を待つ間に手帳で確認したら島には10日近く滞在したようである。



2012



到着日はバリ島からの移動で疲れていたせいもあってこれと言って何もしなかつたが
あくる日、到着二日目は島に来た目的でもあるダイビングに早朝から参加した。

三日目以降はバイクをレンタルしてコ・タオResort のプールへ通ったり
島のあちこちを探索したりで結果、ダイビングは二本潜っただけで後はゆるゆるしていた



2012



最終日まで泊まっていたゲストハウスは、送迎付きのダイビングショップとは
なんの関係でも無いので帰りの港までの送迎は有料 (50B) って事なので

二日目のダイビングで使ったBig Blue の送迎車にちゃっかり便乗させてもらい港へ
10:15分出発の「ロンプラヤ:Lomprayah」フェリーで対岸のチュンポンへ向かった。



2012



チュンポンの港は辺鄙な所に港があって公共のバスは通っていないので

「ロンプラヤ:Lomprayah」有料50B大型バスで市内へ向かう



2012



市内の渋滞もあって30分近く掛かってタイ国鉄のチュンポン駅に到着した。

他の客は全てプラットホーム目掛けて吸い込まれて行ったが

私だけが街へ向かって重いバックパックを背たらい歩き出す。



2012



チュンポンの街にはタオ島より遥かに多く今までに立ちよっている。

定宿と呼べる所が二軒ありどちらも駅からは徒歩10分少々に位置する。



2012



奥まった路地にも安宿を見かけるものの

ネット環境とか言い出すとなかなか決まらない



2012



今回は第二候補の宿が部屋でもWi-Fiが使えるように進歩しており、即決定する


「ファラン・ゲストハウス」

ファンルーム・トイレ・シャワー別 250B 680円

確か一昨年は200Bだと聞くとお約束のように値上げだと返された。



2012



チュンポンの夜の屋台街は有名なんです。

鉄道駅に程近いクロムルゥアンチュンポン通りには、夜になると数々の屋台が並ぶ

通りに面して約1キロ弱続く屋台街はタオ島で物価が高く食を我慢した旅人には

見るもの全てが美味そうで、おまけに島より格安であった。



2012



昔はひなびた漁村だけのチュンポーンは現在、近隣の島々への玄関口としての役割を果たしている。



2012



なかでも海の近くならではのホイトート(貝の入ったお好み焼き)

魚介類をふんだんに使用した、パッタイ(タイ風焼きそば)

フレッシュフルーツ、ジュース、シェイク…



2012


2012



東南アジアの屋台は他の店で買った物を持ち込んでも大丈夫なんで
先ずは、エビやイカ等の串焼きをゲット続いてコンビニでビールを買い込み

ホイトート(貝の入ったお好み焼き)の屋台のテーブルに座り注文すると
氷が入ったグラスと水が出て来るのでビールを注ぎひとり宴会の始まりである



2012


2012



次の日にバンコクへ移動って思っていたが…

急ぐことはないよね… 速攻却下

もう一泊して今宵も屋台でいっぱいに決定ww





関連記事


コメント
No title
タオ島離れたんですね。
チュンポンの街もよさそうですね。

一昨日ジェットエアー(マニラ➡関空)で隣り合わせた「イサク君」というダイブ好きな若者にあじあのさんのブログお教えしましたら、すぐに「見ました!写真スゴイです!」とのメールありました。

日本はまだ肌寒いです。

ところで「背たらう」、どう読むのか教えて下さい。
[2012/05/14 10:41] URL | anami #8rosKnU6 [ 編集 ]

No title
タイに比べたら、マニラはパッカー向けカテゴリーが少ないですよね。あの立地でAC付個室ならサントスがgood。私も酒飲みなのでマニラならAC付きを選びます

今、プエルトGです。もう、シーズンオフですね。人が少ないです。マニラから3時間でずいぶんまったりです。ドゥマまで乗り継いで行きます。勿論シキホールへも行こうかと。

飲み屋があるのは良いんだけど、
スコールで電源落ちてやることない。次はロハスまで行ってパナイ島へ行こうか。
[2012/05/14 22:32] URL | levin #Wa8vY8KE [ 編集 ]

anami さんへ
現在はパタヤで楽しんでます。
越冬節約旅が続いてるので白人のようにお姉ちゃんをお供に連れ歩く事は出来ませんが
いろいろな楽しみ方が有るので有りきたりのパタヤでも楽しめますよww

タイは雨季前なので蒸し暑くバンコクは特に暑いと聞いたので
帰国も近くなって暫くはバンコク近郊の地方都市で滞在予定です。

@ 当ブログを宣伝して頂き有難う御座います。
[2012/05/16 20:21] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

levin さんへ
私も移動やら鬱陶しい白人の若いのやらで疲れ現在はパタヤでまったりです。
ここも御多分に洩れず白人天国なんですが若いのが余り寄り付いておらず
なんとかプール付きの宿で気分転換になってます。

プエルトからパナイ島を南下するのは未だバタンガスへ一度戻る必要が有るんですかね?
私は逆のコースでドゥマゲッティからマニラへ陸路・海路で移動しました。
[2012/05/16 20:24] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

あじあんさんへ
プエルトガレラからはジプニーでカラパンまで行ってカラパンでロハス行きに乗り換えることが出来ますよ。
もしくは、バタンガスまで戻ってバタンガスからフェリーでカティクランまで行けますから、それでボラカイに寄って南下するのもオツなものかと???
サントスで問題無い人でしたら、
宿も大分安く済ませることが出来るかと思います。但しタイに比べるとたしかに、フィリピンはグレードが落ちます。
今はダバオでアボカドシェイク20ペソにハマっています。バカうまです。w
[2012/05/18 03:19] URL | ta@too hiro #sq4QJOk. [ 編集 ]

ta@too hiro さんへ
パタヤで遊びすぎて更新はおろかコメントも遅れてますww

プエルトからカラパンは昔から行けたでしょう
西海岸の悪路を走り最後にプエルトまでは以前は行けなかって
パナイ島からバタンガスへフェリーで渡り再度フェリーでプエルトへと
遠回りさせられたんだけど最近は開通したのかな?
今もブログにコメントを頂いているlevinさんが現在はこのルートを陸路で通り
パナイ島を目指しておられますね
[2012/05/20 14:54] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/902-c1cc0e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。