アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クアラルンプールからバリ島へLCC 故に深夜着である。

クアラルンプールのLCCターミナルに到着したAIRアジアX
次のデンパサール行きへと乗り継ぎのためにトランジット時間が実に

5時間もあるので一度入国し空港外のフードコートか市内までは無理としても
LCCターミナルとは別のメインターミナルでも行ってみるつもりだったが

クアラルンプールLCCターミナル到着後にデフォルトのように並んだ
トランジットカウンターで次の便のボーディングカードを受け取り

その後、手荷物検査を済ませ順番どおりに進んで行ったところが既に
LCC トランジットルームだったために後えは戻れそうも無い環境に落ち行った




2012



結局のところはターミナル内で唯一、ビールが飲めるスポーツBARで
ちびちびとビールを喰らいお客二名とのアホ話に明け暮れた。

なぜ一度、入国してみようかと思った理由はごく自然の道理であって

1) 5時間もの乗り継ぎ時間がある。

実際は乗り継ぎ便のボーディングパスを受け取るのに1時間も並らばされ
トランジット手続きが全て終了した時は4時間の待ち時間になっていたのだが
安かろう悪かろうじゃないが長蛇の列にスタッフ1人で作業をしている人件費節減具合である

遠くには暇そうにPCのモニターを眺めてるスタッフもいるのに応援もする雰囲気もない
Facebookでもしてるんじゃないかと疑がったほどだww

2) 現在は試験的にマレーシア入国へのカード記入が要らない

3) LCCターミナルはフードコーナーがお粗末なうえ空港内価格



2012



もし同じように一度、入国しようと思う方は到着後はトランジットの列に
並ばずにイミグレーション方面へエレベーターで上がる事ですね

唯一、ターミナル内はゆるゆるながらフリーWi-Fiが使えたのが唯一の救いであった。



2012



20:25分発のデンパサール行のAIRアジアXはお約束のように40分遅れで離陸
デンパサール到着 23:25分が日付変更線を超えてバリ島に到着となった

空港からHotelがあるクタ地区までのタクシーは早い時間ならタクシークーポンが買えるのだが
深夜の時間外の為にドライバーと交渉を強いられる添乗員の役だ… めんどくせ〜

一様に100000万ルピア950円と言いよって来るが最後は
80000ルピア750円まで下げて来るのがこの時間帯の価格交渉の末のようだ



5_20120914155746.jpg



Hotelは日本から予約済みのYulia Hotel



2012



クタ地区の立地の良い場所にありお客さんのご要望のマッサージ屋さんも周辺に多しって環境である。

私ひとりの長旅ならサーファーが巣食う安宿のロスメンをチョイスなんだが添乗員の恩恵を授かった。



2012



Hotel付きの朝食で朝から二本目ビールのモザイク不要のお客さん

ワイルドだろう…ww



6_20120914155746.jpg



この季節のバリ島はハイシーズン、朝食後は午前中いっぱい太陽が

サンサンと降りそそぐ南国情緒あふれるプールでのんびり過ごしたとさww








関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/923-ef7a5e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。