アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


10<<  2017.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


バリ島 クタ地区からレンボガン島へ向かう

ひとり旅ならまず行かないだろうとチョイスしたランチは、ハードロックカフェBali
まぁ、そんなこんなでリリースしつつもいろいろ
考えたバリ島でのスティで御座いました?♪



2012



2012



って事で昼からオススメの黒豚ステーキなんぞをがっつりと。。。

とても美味しゅう御座いました。



2012



クタ地区で二日間の滞在を終えてレンボガン島へ移動する事にする
バリ島内での移動に関しては昔も今も手軽に公共機関を利用して

移動するのが簡単では無くいったん市内数カ所のバスステーションまで出向き
そこから島内の目的地へ向け公共バスで出発するのだが、滞在をしている地区から



2012



バスステーションまでのアプローチを大方の旅行者はタクシーで出向くという
コストパフォーマンスに欠けるのは未だもって改善されておらず

それが故に節約旅のバックパッカーを除きタクシーもしくは
オプショナルツアーに頼ってるのが現状である。



2012



さて目的地のレンボガン島へのアクセスだがクタ地区滞在の大方の旅行者は
サヌール地区までタクシーで移動、その先はビーチに腐るほどある

ツアー会社、または勧誘に来るボートツアーの誘いに従いレンボガン島へ
向かうのがイージーな方法であるようだ。

その際のボートのランク、いわゆる島までの到着時間スピードで料金が
事なるのは世の常である。



2012



私たち一行はさほど珍しくはない方法の昔からバリ島旅行に来る
コスパ旅行者の見方であるツアー会社のパルマ社のバス+ボートが
セットになったジョイントチケット125000ルピア・1200円を購入し当日は

クタ地区10:00発〜サヌール地区10:30分着〜ボートが停泊しているサヌールビーチ
まで10分程度歩き11:00出港〜レンボガン島12:00接岸ってなスケジュールであった



2012



レンボガン島はボートが横づけされる桟橋はなくビーチに直接乗り上げて停泊
降ろされた地点からここでの宿泊地のココナッツビーチリゾートまでは
800メートル+多少の登り坂と教えられる。

目ざとくボートの到着に合わせて地元の若い衆が自前のバイクで現れて
にわかバイクタクシーに変身し私たち一行に声を掛けて来る

普段の私ひとりの旅なら当然の歩きなんだが今回はプチ添乗員って事で
バイクタクシー三台に分乗しココナッツビーチリゾートまで向かった。
ちなみにお代は20000ルピア200円と他の物価から比較すると高い。




View Larger Map








関連記事


コメント
バグース
はじめまして。

とても素敵な旅をされているのですね。お写真もとても素晴らしいです。
ヌサレンボンガンの記事を拝見しコメントさせて頂きました。
30年程前になりますがこの島に滞在しました。
当時は異国人や異教徒等は受け入れない様な島だった記憶があります。
また立ち寄りさせて頂きます。

ご安全に素敵な旅を!ありがとうございました。


[2012/09/02 08:00] URL | hello_davao #JPetY9Qc [ 編集 ]

hello davao さんへ
どうも恐縮です。
今回の旅はプレゼンターって事もありいつものコスパな
旅と違って何もかもが、一桁高い旅をさせて頂いてます。

この島の歴史をご教授に預かり感謝します。
早々に同行の二名に教えた次第です。
帰国したら再度、画像など再構築しますので見てあげて下さい。
[2012/09/03 11:41] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/924-0218d801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY