アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レンボガン島 概要 島で暮らす子供たち

レンボガン島の概要

レンボンガン島の面積は約8km²であり、愛媛県と同じと聞いたものの

愛媛県の概要が理解できてないので悩むが一周3時間もあれば歩けるほどの大きさと

聞かされるとなんとなく理解できたような気がする。

約3200人の島民が、半農半漁の素朴な暮らしを営んでいるとのことだ



2012


2012



なるほど。。。 村歩き5分もしないあいだに素敵な笑顔に出会えた。

島の周りは美しい珊瑚礁が囲んでおり、毎日のようにバリ本島から日帰りの

シュノーケリング、サーフィン、バナナボートなどを楽しむ観光客がやってくるのだ



2012



島民のお子さんたちは夏休み中で学校が休みなのか、はたまた行かせて貰えないのか

昼間は親が仕入れたアケセサリーの販売を任せられ、わしらのような観光客が通りかかると

健気な仕草で買って買ってと訴えるのである。

この二人は身なりからどうも夏休み中で借り出された感じですね。



2012



村歩きをしてるとそこらじゅうから愛らしい瞳で買ってと訴えて来るのだが

一歩、手にして見ると幼いながら商売人として態度が変貌、大人顔負けの取引で迫られる

アジアをなめてはいけないww



2012



小さな島なのに撮影している私の横をバイクがすり抜けて行く

天草の栽培は、島民の暮らしを豊かにしたようだ。

数年前は島でバイクは数台だけだったのだが今では珍しい物ではなくなった。



2012



ただ、ナンバープレートが付いていない車両が多いのは「警察署がないから良いのだ!」とは島民の弁。

これはエンジンが付いて無いので関係ないでしょってな表情かなww



2012



わしらが若い頃は、もっと静かで素朴な島だった。

鈴木や本田。。。  おまえんところのバイクばかりじゃないか。。。

とでも言ってるような言ってないような



2012



ここは、ジュングッバトゥ村のメイン道路である

格安バンガローが多く、毎晩のように通ったワルン99と言う

地元向けの食堂がある。だが現在は欧米人ご用達の某ガイドブックにでも紹介されてるのであろうか

毛唐連中で毎晩、あふれかえっている安い美味いでサーファーご用達でもあるようだ



2012



毎日、この村の食堂へ通うものだから、すっかりと顔馴染みになった

ご近所の売り子さん。。。  



2012



初めてカメラを向けた日は逃げ回っていたけど

毎日、顔合わすもんだから、自分から寄って来たね

日本だったらご父兄にシカとされるのがオチなんでしょうがww











関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/934-1479d579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。