アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年4月16日 ソロ(スラカルタ)からプロボリンコへバス移動

2012年4月16日

ジャワ島中部のソロ(スラカルタ)で二日間滞在してから南へ下ると…って言うより
東へ行くとジャワ島で第2の都市スラバヤと呼ばれる町がある。

まずはソロの町外れにある(ティルトナディ)バスターミナルから
大型のバスでスラバヤへ向かうことに。。。



2012



スラカルタ(ソロ)を7:15分に出発しスラバヤ(ブングラシーバスターミナル)には13:25分着

13:40分にスラバヤを出発したバスは16:10分にプロボリンコへ到着

ソロ~スラバヤ 30000ルピア300円

スラバヤ~プロボリンコ 23000ルピア 230円(距離の割にボラれたかな?)



2012



画像はソロの町外れにある(ティルトナディ)バスターミナルである
ここまでは宿からベチャ(輪タク)10000ルピア(100円)で向かう事に

バスの発車までの間に朝飯を探しにバスターミナル内をうろつくが
おかずにご飯ものは、激辛のたぐいしか目につかない

辛いのは嫌いではないのだが、この先のバス移動に備えスルーしておいた方が無難だろう



2012



スラバヤではターミナル内で用事も無いのにウロウロしてる兄ちゃんに、プロボリンゴ行の

バスを聞き持って乗り込むがソロからの移動の6時間もの間、トイレに一度も行ってないことに気づき

直ぐに出発と言うドライバーに待ってくれるよう頼み込みトイレに駆け込んだ。



2012



持参のガイドブックの要注意情報によるとプロボリンコ到着間際に偽のパブリックベモの
案内人が乗り込んで来て「フォローミー」とばかり安い公共のベモに案内する

かのように言葉巧みに誘って来るので気をつけろと書いていたが本当に乗り込んで
来たのには笑えた。偽案内人の全ての誘いを断ると今度は悪条件ばかりを強調し心配にさす

作戦に切り替え不安がらせる。こっちとしては、何であろうが問題ないと答えると
食いぷちを失ったので涙目で下車していったww



2012



バスで約2時間30ほどに東へ行くとプロモ山へ向かう起点のプロボリンゴに到着した。

まだまだ平地なので蒸し暑く汗だくだ



2012



さてプロボリンコに到着後、先ほどの偽案内人が申すよう確かにプロモ山への
ベースキャンプとなるチェモロ・ラワン行のパブリックベモの運行は終わっていたので

バスターミナル内にある旅行会社「TOTO」に駆け込み相談をしたら
ジョグジャカルタからのシャトルバス「ワゴン」に乗せてもらえるらしい

この区間の料金は5万ルピアだそうで、ついでに翌朝04時発で現地で使う
乗り合いジープが7.5万Rpだそうで、この旅行社は誠実そうなのでお願いすることにした。



2012



旅行社のあるプロボリンゴからシャトルバス「ワゴン」は途中で親切にも山での物価は
高いのでスーパーに寄ってくれ必要な食料品・水などを補給できた。

ここからブロモ山までは2000mくらいの標高差があり一気に上り始め1時間チョイで
山頂近くのガディサリ村を通り抜け滞在するチェモロ・ラワンに到着した。






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/949-90206ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。